ディズニーシー、カップル・予算シミュレーション!

シーでは一体どのくらいの予算がかかるのー?財布の中身とご相談の学生さん等にはとっても気になるところ。そこで、交通費を除いた共通費用をベースに自分勝手にプランニング!朝のパークインから夜のパークアウトまでを細かくシュミレート。
年に何回も行くディズニーフリークなら、豪勢にと倹約にを上手に織り交ぜて、より緻密にディズニーを目一杯楽しみたいところです!

スポンサーリンク



ディズニーでの雑費バカになりませんが、女子は羽振りだけを見てません!

さてさて。

パークインまでのコースを電車か車かで比較すると、自分の持ち物にも大きく影響を与え、ロッカーの使用などにも気を使うことになる。

例えば、車で来たなら停めた場所にもよるが、クーラーボックスにキンキンに冷やした状態で飲み物や昼ご飯を格納できるし、車まで戻ってシーのゲート付近のパラソル地帯でカップルで仲良く昼ご飯を頂くことも出来る。

そうすれば昼につき物凄い節約になるし、ロッカーも不要になる。

最初からリュックなどの背負った両手が自由に使える出で立ちならば、お土産を持っても十分に対応でき、ロッカーを利用しなくていいかもしれない。

なので一応、予算計上する程度で、まずはカップルで1箇所利用するとして

400円なーり

次に入園料ですが、これは固定費なので分かりやすく

7400円なーり

そしてランチ。ここではダッフィー主演のショーを楽しみつつ比較的低予算なファストフードですませて、夜にドカンとディナーで奮発する算段。

よって

1200円なーり

そして次は昼を食べた後に、小腹が減っておやつをいただきまーす。

ディズニーに来て、おやつを食べないなんて悲しすぎる。

ということで、代表的なチュロス(ポテト)とうきわまん(エビ)の二本立てで予算をシュミレート。

あとドリンクも加えまして

よって

チュロス(ポテト)380円なーり

うきわまん(エビ)450円なーり

ペットボトルドリンク210円なーり

次に、記念撮影。

これ意外に真っ当にやったらいくらでも予算計上出来ちゃう中で、でも定番だから欲しいなーという意見ももちろんあります。

なので一応計上しておきますねー。

グリーティングトレイルなら時間さえ待てればタダですけどねー。

エクスペディション・フォトアーカイブ

1300円なーり

で、次はやはりゲームですね。

ディズニーのゲームを小馬鹿にするなかれ!

アラビアンコーストにあるアブーズ・バザールは、成功すれば景品のぬいぐるみをゲット出来る超有名なピンボール形式のゲーム。どちらもボールを使い、転がす力の強弱を上手く左右してゲットを畳みかける。

「コブラの罠」は一番奥の金の皿にボールが止まれば成功。転がし方は弱めが宜しいようで。

「宮殿への道」はジャンプ台から飛び上がったボールが3ヶ所のポケットのいずれかに入ればOKで、ぬいぐるみゲット。転がし方は強めが宜しいようで。

1回遊んで500円なーり

スポンサーリンク



ここまで1人11000円弱。大量出費の原因はディナーとお土産でした!

で、次はお土産ですねー。

お土産はメンズはどうしますー?基本、メンズはディズニー行ったことをあまりひけらかしません。言いたくて仕方がないのは基本、女子の方です。それは彼氏と行ったことを報告して幸せ度をアピールしたいという自己顕示欲の現れなんですねー。

だから、女子はやっぱり周りに言っちゃった手前、お土産は相当金額かかりますー。

だいたい友達・会社用で最低でも

3000円なーり

併せて自分用というのも女子の場合、馬鹿にならない。それが

4000円なーり

ということで最後はディナーです。

昼を安く済ませた手前、夜はドカンと行かざるを得ません💧とはいえ、めっちゃ高いマゼランを予約するのもどーかと。ということで、ここはマゼランよりも一つランクを落としまして、リストランテ・ディ・カナレットにしましたー!

その場合

4200円なーり

ということで、純粋に合計すると

締めて、23040円なーり

まぁ、メンズはお土産は自分用に4000円も買わないでしょうから19040円程度で済みますかねー。

そして、それぞれ2000円の交通費がかかるとします。

以上より。

男は合計で21040円なーり

女は合計で25040円なーり

あー。こりゃこりゃ。高すぎやん!

でもでも、ディナーとお土産を減らせば、そこそこリーズナブルに遊べるのも事実。

つか、女子の合計で25040円て言うたら、1泊つきのバケパの1人料金30100円とあんま変わらんじゃん!

気が大きくなって、メンズは女子に奢ってしまうので、それまた予算計上は要注意です!

んー、バケパ考えようかなー(おしまい)

スポンサーリンク



*このブログに関してご質問などがある方は下記の問い合わせフォームをご利用ください。

よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です