ディズニーシー ジャンル別・レストラン早見表!

ディズニーに行くと、混雑に負けてお目当のレストランに行かずに、結局いつもの慣れ親しんだ、味の分かる場所を選んでしまうことってありませんか?
レストランのジャンルも、場所も、あまり押さえてないので、決まった場所に行かざるを得ない。
そんなことって結構多いのではないでしょうか。そんな人に必見です!

スポンサーリンク



メイン料理にふさわしいのは、イタリアンかグリル料理か地中海料理か、それとも和食か?

イタリア料理

◉メディテレーニァンハーバーのザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ
【 カウンター形式 予算1800円 】

◉メディテレーニァンハーバーのリストランテ・ディ・カナレット
【 テーブル形式 予算3500円 】

◉メディテレーニァンハーバー(ホテルミラコスタ)のベッラヴィスタ・ラウンジ
【 テーブル形式 予算 昼4200円〜夜8000円〜 】

グリル料理

◉アメリカンウォーターフロントのS.S.コロンビア・ダイニングルーム
【 テーブル形式 予算 5000円 】

◉ポートディスカバリーのホライズンベイ・レストラン
【 バフェテリア形式 予算 2500円 】

◉ロストリバーデルタのユカタン・ベースキャンプ・グリル
【 カウンター形式 予算 2300円 】

地中海料理

◉メディテレーニァンハーバーのカフェ・ポルトフィーノ
【 バフェテリア形式 予算 2500円 】

◉メディテレーニァンハーバー(ホテルミラコスタ)のオチェーアノ
【 テーブル&ブッフェ形式 予算 昼 4200円〜 夜 5500円〜 】

和食

◉アメリカンウォーターフロントのレストラン櫻
【 テーブル形式 予算 3000円 】

中華料理

◉ミステリアスアイランドのヴォルケイニア・レストラン
【 バッフェテリア形式 予算 2300円 】

◉メディテレーニァンハーバー(ホテルミラコスタ)のシルクロードガーデン
【 テーブル形式 予算 昼 4120円〜 夜 7500円〜 】

各国料理

◉メディテレーニァンハーバーのマゼランズ
【 テーブル形式 予算 昼 2880円〜 夜 4630円〜 】

◉アメリカンウォーターフロントのセイリングデイ・ブッフェ
【 ブッフェ形式 予算 3090円 】

廉価さでいえば、ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテを擁するイタリアンに軍配が上がりますが、価格と洗練さを考慮すると、断然、グリル料理に心奪われます。コロンビア・ダイニングルーム、とっても素敵です。食後にコロンビア号のデッキで涼をとりながらまったりするなんて最高かもしれません。また日本人の舌は、やはり和食びいきに出来ています。ということでこの勝負、①グリル料理 ②イタリアン ③和食 ④地中海料理 ⑤中華料理 の順になりました。(ちなみに各国料理は一貫性に欠けると思われ、敢えて省きました。)

スポンサーリンク



軽食を制するのは、スナックか、ハンバーガー系か、ホットドッグ系か、チュロスか?

スナック

◉アメリカンウォーターフロントのリバティ・ランディング・ダイナー
【 カウンター形式 予算 500円 】

◉アメリカンウォーターフロントのバーナクル・ビルズ
【 カウンター形式 予算 370円 】

◉ポートディスカバリーのブリーズウェイ・バイツ
【 ワゴン形式 予算 500円 】

◉ミステリアスアイランドのノーチラスギャレー
【カウンター形式 予算 500円 】

◉アメリカンウォーターフロントのハドソンリバー・ハーベスト
【 カウンター形式 予算 700円 】

◉アラビアンコーストのサルタンズ・オアシス
【 カウンター形式 予算 500円 】

ファストフード・ハンバーガー

◉アメリカンウォーターフロントのニューヨーク・デリ
【 カウンター形式 予算 1800円 】

◉アメリカンウォーターフロントのケープゴッド・クックオフ
【 カウンター形式 予算 1200円 】

◉マーメイドラグーンのセバスチャンのカプリソキッチン
【 カウンター形式 予算 1500円 】

ホットドッグ・ソーセージドッグ

◉アメリカンウォーターフロントのデランシー・ケータリング
【 ワゴン形式 予算 390円 】

◉ロストリバーデルタのエクスピディション・イート
【 ワゴン形式 予算 450円 】

チュロス・スイーツ

◉アラビアンコーストのオープンセサミ
【 ワゴン形式 予算 310円 】

◉ミステリアスアイランドのリフレッシュメント・ステーション
【 ワゴン形式 予算 380円 】

◉メディテレーニァンハーバーのゴンドリエ・スナック
【 カウンター形式 予算 310円 】

◉アメリカンウォーターフロントのケープゴッド・コンフェクション
【 ワゴン形式 予算 400円 】

◉アラビアンコーストのサルタンズ・オアシス
【 カウンター形式 予算 500円 】

アペタイザー

◉メディテレーニァンハーバーのマゼランズ・ラウンジ
【 テーブル&ラウンジ形式 予算 3000円 】

◉アメリカンウォーターフロントのテディ・ルーズベルト・ラウンジ
【 テーブル&ラウンジ形式 予算 3500円 】

その他(ベーカリー・ターキー・フルーツ・エスニックカレー・)

◉メディテレーニァンハーバーのマンマ・ビスコッティーズ・ベーカリー(ベーカリー)
【 カウンター形式 予算 1000円 】

◉メディテレーニァンハーバーのリフレスコス(スモークターキーレッグス)
【 カウンター形式 予算 700円 】

◉アメリカンウォーターフロントのパパギタス・フレッシュフルーツ(フルーツ)
【 ワゴン形式 予算 410円 】

◉アラビアンコーストのカスバ・フードコート(エスニックカレー)
【 カウンター形式 予算 2000円 】

軽食とはいえ、がっつりお腹を満たしうるのは、ハンバーガーとアペタイザー。ディズニーのハンバーガーは大柄だけどそれでいて繊細なお味。とても食べた気のする満足感を得られます。そしてワゴンタイプが多いホットドッグとソーセージドッグのお店はいつも大行列ができてます。日本人て何かしながら効率的に動くのが好きな国民らしくて、サンドイッチ伯爵のしながらチェス(一説にはトランプ?)の逸話、日本人は大好きらしいです。でもでも、チュロスは腹の足しにはなりませんが、二刀流食いをすれば、そこそこ満腹になります。それもポテトチュロスなら(笑) 何をいまさら的に、スナック類の安さ、手頃感、どこでも買える感が大好きです。ということで、①ホットドッグ ②チュロス ③スナック ④ハンバーガー ⑤アペタイザー ⑥その他 の順になりました。みなさんのご納得、あまり期待しておりませんです(苦笑)

ということで今回は、

ディズニーシー ジャンル別・レストラン早見表!

でお送りしました。

何が食べたいかで、どこのエリアのなんてお店があるか?というくくりで検索出来るようにしたのは、なかなか俺もえらいなーと思いました。

でも、午前でトイマニのファストパスを取り、タワテラかセンターオブジアースをスタンバイで並ぶにはきついなーと諦めたところに、マーメイドラグーンシアターでも見るかーとなった後は、昼にいい時間になって、結局、アラビアンコーストのカスバ・フードコートの匂いにつられて、一番自分の中でランクの低い、カレーを食べてしまうのが俺のいつもの行動パターンなんですわー。(おしまい)

スポンサーリンク



*このブログに関してご質問などがある方は下記の問い合わせフォームをご利用ください。

よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です