ディズニーシーの攻略!それはレストランの利用方法から!

パークビギナーが陥りやすいこと。
それはレストランの利用方法を知らずに「食事難民」になること。特に混雑日にはご飯を食べるにも時間がかかって、腹ペコでスタンバイの列に並んでお互い不機嫌になったりすることも。そんな日でも、予約しておけばスイスイ入店できるし、食事と共にショーやグリーティングを楽しめます!

スポンサーリンク



レストランのタイプ、特徴、店名を知って、食事でディズニーを攻略しよう!

◉レストランのタイプ

テーブルサービス(席は決まってる)
→ウェイターやウェイトレスが料理をテーブルまで運んでくれるタイプで食事後に清算する。

バフェテリア(席は自分で)
→メイン、デザート、ドリンクなど、好みの料理をトレイに乗せ、それをレジで精算する。

カウンター(席は自分で)
→カウンターで注文し、その場で精算する。

ブッフェ(席は自分で)
→好きなものを好きなだけ食べられ、ソフトドリンクも飲み放題のバイキングスタイル。

ラウンジ(席は決まってる)
→テーブルサービス+テーブル席以外にソファやカウンター席があるタイプ。

ワゴン(席は自分で)
→お菓子やファストフードなどを扱う屋台型や小屋型の店。

◉食事とショーが一緒に楽しめるダイニングショーレストラン

食事と共にショーが鑑賞できるレストランは大人気。TDLは完全予約制だが、TDSは予約不要の早い者勝ち。

ケープコッド・クックオフ
→ダッフィーが主役の『マイフレンド・ダッフィー』では、予約不要で、レストランの空席があれば誰でも楽しめる。ただし大人気なので、混雑日は30分くらいは待つのが当たり前。ちなみに、食事のみの利用は確保する場所が違うからねー。

スポンサーリンク



PS対象レストランを覚えて、夜のディナーをがっつり楽しもう!

◉事前予約が必要なレストランのシステム(PS=プライオリティ・シーティング)

一部のレストランはPS=プライオリティ・シーティングという事前予約ができます。これは優先案内制度といわれ、予約時間に席が確保されるのではなく、席が空き次第、随時案内されるというシステムです。なので、混雑時には多少待たされることがありますが、どこも1時間待ちは当たり前の混雑時になので、有効活用した方が得策。ちなみに2016年4月以降、PS対象レストランは事前予約が必須となり、並んでの入店が出来なくなりました。PS対象レストランは、基本、電話予約かオンライン予約。受付は1ヶ月前から行え、最高で1日3つまで予約が可能。

︎PS対象レストラン

①メディテレーニァンハーバーのリストランテ・デイ・カナレット
②メディテレーニァンハーバーのマゼランズ
③アメリカンウォーターフロントのレストラン櫻
④アメリカンウォーターフロントのセイリングデイ・ブッフェ
⑤アメリカンウォーターのS.S.コロンビア・ダイニングルーム
⑥ホテルミラコスタ内オチェーアノ
⑦ホテルミラコスタ内シルクロードガーデン
⑧ホテルミラコスタ内ベッラヴィスタ・ラウンジ
⑨ポートディスカバリーのホライズンベイ・レストラン

◉食事とグリーティングが一緒に楽しめるレストラン

︎ホライズンベイレストラン
ディズニーキャラクターダイニング専用のスペースに、ミッキーやミニーたちが登場する。ただし、事前予約が必要です。

ということで今回は、ディズニーシーの攻略!それはレストランの利用方法から!でした。

朝は寝不足、2万歩の最長不倒で、行き帰り数時間の電車に、数時間の待ち時間にプラスして、昼抜きでは耐えられません。
そのためにも食事場所の確保は大切です。みなさん、ご参考に。つか、この間は2万歩どころか3万歩近かったよー。我ながらびっくり。(おしまい)

スポンサーリンク



*このブログに関してご質問などがある方は下記の問い合わせフォームをご利用ください。

よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です