海老蔵 麻耶ディズニーデート?再婚はあと3年ばかり待て!

小林麻央ちゃんが亡くなってからまだ1週間と経たない6月27日。
海老蔵さんと麻耶さん、れいかちゃんとかんげんくん、さらにお付きの男性の5人で、ディズニーランドで楽しむ姿が目撃されました。
それをきっかけに、麻耶さんと海老蔵さんの仲が怪しいと取り沙汰され、再婚することの是非が論争になりつつあるようです。

スポンサーリンク



海老蔵 麻央以外の色香に溺れるな!せめて3年ばかり待て!

この問題。周りが騒ぎすぎているような気がしてなりません。
麻央ちゃんの死によってあれだけ涙し、ブログで哀悼を表明し、2人の子供たちのために父親役と母親役の両方をこなしていく決意をした海老蔵さん。
そんな男がこんな短期間で別の女性に目移りするとしたらそれこそ男の恥ですし、そんなことは断じてないと思っています。
ですが、火のない所に煙は立たちません。いや今回、火がなくてもくすぶってしまうかもしれません。なぜなら、相手が麻央ちゃんのお姉さん・麻耶さんだからです。

今回の憶測は、二つの点からさもまことしやかに語られるようになりました。
一つは、上記のようにお付きの男性が居たとはいえ、麻耶さん含め仲良くディズニーランドで楽しむ姿が目撃されてしまったこと。
もう一つは、海老蔵さんはれいかちゃんが『妹がほしい…』とこぼしていることをブログで公開しており、それに対して困惑していたとされていますが、そのことが逆に海老蔵さんの再婚許可を周囲にアピールしているのではとの憶測を呼んでいること。
この二つです。
前者については、ディズニーランドに行くことを、なぜ内緒にしていたかという疑問です。麻央ちゃんのブログをあれほど側面からフォローしていた海老蔵さん。陰に陽に麻央ちゃんを励まし自分も生きる力にして、いろんなことを包み隠さずブログで語っていたはずなのに、なぜ、ディズニーランド行きをブログで触れなかったのか。
確かに、麻央ちゃんが亡くなってまだ数日しか経ってないことは隠したい理由になっていたかもしれません。でも、ディズニーほどの来客の多いテーマパークにあって、あれほどSNS上話題沸騰している海老蔵さんの家族が目に留まらないはずはないのです。(大変申し訳ないのですが、5人でパークインしたのが事実である場合の話です。)仮に、麻央ちゃんが亡くなって塞いでいる自分たち残された家族の気晴らしのためとか、母親を亡くした子供たちを元気づけたいとか、いかようにも理由はつけられたはずです。

もう一つ、周りが憶測していることは、海老蔵さんが役者として成田屋を盛り立て再興していくためには、梨園の妻の糟糠が必要だということです。歌舞伎役者である以上、贔屓筋と呼ばれるスポンサーの方々と親密な関係を日頃から築いていかなければなりません。このため、稽古に没頭する夫の代わりにに、ご贔屓との接待や冠婚葬祭の参列といったお付き合いを妻が行わなければならないのです。麻央ちゃんががんを患い闘病生活に入ってからは、海老蔵さんのお母さまが全てを肩代わりしていました。ところが海老蔵さんのお母さまも既に64歳で年齢的にきつくなっているようですし、さらには成田屋では20億近い借金があるようなので、早く軌道に乗せるべく背に腹は代えられないといった事情もあるのかもしれません。
ですがそれよりも何よりも、一番まことしやかに噂されているのは、海老蔵さんの過去の女性遍歴や隠し子騒動から察して、決してこのままやもめ状態で静かにしている訳がないという憶測です。それもこれも全て、海老蔵さんの男っぷりに起因しており、ある程度のやっかみが根底にあるのでしょう。だからと言って、麻耶さんと海老蔵さんの仲をさもありなんとするこのマスコミの再婚報道は吐き気がするほど短絡的すぎます。というよりか海老蔵さんに対する悪意にも感じられます。世論ではこうしたマスコミの動きに対して、こんなコメントが寄せられています。

子供の気晴らしに遊園地に連れて行くだけで非難とか鬼か?

ディズニーランドは別にいいだろう。ちび助たちには喪に服すとか理解できないだろうから。

海老蔵さんがブログを発信してることに対して批判してるやつら、あんたたちは心が狭いし、小さいんだよ!

本人が言い出すならともかく、49日も立たないうちに男やもめの再婚話を出す方がゲスい。愛之助なんかもあの歳まで1人だったし、接待イコール妻のおかみさんってわけでもないでしょ。いずれ..はあっても、今その話は早すぎる。

こんなメッセージです。

これらに付随して、私も自分なりに海老蔵さんを弁護したいと思います。

 まずは、ディズニーに5人で行ったことについて。

これについては、自身のブログで触れられなかった理由をちゃんと公表すれば、何ら問題なくスルー出来ると思います。海老蔵さんがその部分、ちゃんと説明すれば一気に世論は海老蔵さんになびくと思いますし、ましてやお付きの人もいたわけですから、決してお忍びディズニーとは言い難いですしね。

 次に梨園の妻としての活動を期待せざるを得ない状況について。

これについては、正直海老蔵さんのお母さま、まだまだ64歳ですし若い。3年ばかりお手伝いいただいても何ら問題ないと思います。お母さま、すみません。また、海老蔵さんの仕事ぶりをそばで見て来られて、いかに麻央ちゃんが内助の功を立てられてきたか分かっていると思います。わざわざ海老蔵さんを悪者にするくらいなら、私が一肌脱ぐわと言ってくださるに違いありません。またまたお母さま、勝手なこと言ってすみません。

スポンサーリンク



海老蔵 麻央の力で変わる!皆で梨園のプリンスの成長を見届けよう!

で、一番の問題は海老蔵さんの内面のことをあげつらってくる最後の課題。要は、過去の女性遍歴についてです。

マスコミに敢えて言いたい。

麻央ちゃんが亡くなって、マスコミの必要に迫られて行った記者会見をどう捉えているのかと。

海老蔵さんのあの立派な会見に触れて、以前の海老蔵さんとの違いを何も感じなかったのかと。

というよりも、人間、変わっちゃいけないのか。昔の言われようをずっと引きずり生き続けなきゃいけないのか。

このことを、声を大にしてマスコミに言いたいです。

あの会見で、『麻央さんはどんな奥さんでしたか?』との質問に、

『僕を変えた奥さんだったんじゃないですかね。』

『こんなに愛してくれているのは、よくわかっていたんですけど、でもこんなに最後の最後まで愛してくれていたなんて・・・』

『笑顔と勇気と愛情、そして決してぶれない自分、どんな状況でも相手のことを思いやる気持ち、つまり愛の力をずっとぶれずに持ち続けていた。総合的に教わったこと、そして今後も教わり続けることはきっと愛なんだと思いますね。麻央の愛は、どこまでも自分のことよりも相手のことを思う気持ちだったんですね。』

 こんな風に話してくれました。

自分は、海老蔵さんのあの表情、あの涙、あのセリフ、そしてあの時の海老蔵さん全部を信じています。

梨園のプリンスを生かすも殺すも、今我々が、麻央ちゃんの遺影と共に信じてあげられるかどうかです。人は変われるということを証明したい。心からそう思います。(おしまい)

スポンサーリンク



*このブログに関してご質問などがある方は下記の問い合わせフォームをご利用ください。

よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です