横浜市営地下鉄グリーンライン落書き 犯人 器物損壊罪で逮捕 夜中に犯行?誰に習った?

神奈川県の横浜市営地下鉄でのグリーンラインで、2月26日、列車に落書きがされているのが見つかりました。横浜市営地下鉄では去年2月にも同様の被害が起きているといいます。


スポンサーリンク



グリーンライン落書き 犯人 器物損壊罪で逮捕?この事件の詳細は?

神奈川県の横浜市営地下鉄のグリーンラインで、2月26日、列車に列車に落書きがされているのが見つかった事件が起こりました。

落書きされた横浜市営地下鉄「グリーンライン」の車両は、側面にアルファベットのような文字が描かれています。

こんな感じでした↓

横浜市営地下鉄では去年2月にも同様の被害が起きていたらしいです。

前述のように、2年前にも同様のイタズラがあったということで、市サイドは防犯カメラの対策とかしなかったのでしょうかね。

市営ということで、カメラ設置も税金、電車を綺麗に塗り直すのも税金。

どっちに転んでも同じで、綺麗にして対策費を立てるほど財政的に余裕がないということなんでしょうか。

スポンサーリンク



グリーンライン落書き 犯人は器物損壊罪で逮捕?これってどんな罪なの?

ところで、こういうのって、どんな罪になるのでしょうか。

今回の容疑として記されているように、建物なら建物損壊罪、建物の一部や単体のものなら器物損壊罪という罪状になるといいわれています。

刑法の260条にはこうあります。

「建物の外観・美観を著しく汚損し、そのままの状態で一般の利用に供することを困難にするとともに、再塗装を要するなど原状回復に相当の困難を生じさせた行為は損壊にあたる」としています。

さらに詳しくいうと、 建造物損壊罪が適用される場合には5年以下の懲役、器物損壊罪が適用される場合には3年以下の懲役又は30万円以下の罰金もしくは科料が科されます。

また、「バカ息子」「バカ」というような相手を誹謗中傷する言葉を落書きしたとしたらどうなるでしょうか。

これについては、侮辱罪(刑法231条)か、名誉棄損罪(刑法230条)がが適用されることになるようです。

侮辱罪の方は相手が特定されないような抽象的な書き方、単にバカとかアホとか、そんな言葉です。

一方、名誉毀損罪の方は相手が特定されるような情報が言葉の中に入っている場合で、個別具体的に名前とかが入ってるケースですね。

スポンサーリンク



グリーンライン落書き 犯人 器物損壊罪で逮捕 この字体はどれもこれも似ています!師匠がいるの?

ところでこういうデザインとか字体とかどれもこれも似ている気がするですが、同じ流派とかが存在するんですかね?

よく、地元の不良の中には、めちゃくちゃ賢かったり、芸術的センスがあったりと、なかなか芸達者な資質の持ち主が集まって、結果として不良やってるなんていう面白い側面もあったりしました。

いろんな要素を抱擁するのが不良の集団という感じで、その中での統制はちゃんと取れているんですね。

今回もおそらく決起は複数だと思われますが、絵心の伝授ということで、描き方を教えるシーンなんてのもあったりするんですかね?

横浜市営地下鉄によるとこの車両は、25日午後11時40分頃から翌朝26日午前6時までの間に、落書きされたということです。

ときどき商店街などでも、ものすごいスケールの落書きを目にすることがあります。

いわゆるシャッター街と言われる街並みで、そこに描いてある絵は、街おこしの方策なのか、それとも落書きなのか判別つかないこともあったりして。。。

それがいわゆる芸術性と言える部分なのかもしれませんね。

兎にも角にも2年前にも同様のことがあったらしいので、外に停めて置かざるを得ない車両については、やっぱり予算的なことは度外視して防犯カメラの設置が望ましいんでしょうね。

スポンサーリンク



グリーンライン落書き 過去にはこんな危険な場所への落書きトライがありました!

さて、落書きはかつてはブームみたいになった時もあって、その頃は随所に描かれたものですが、特にこんなところに?という危険な場所が多かった気がします。

で、海外ではこんな危険な場所にという実例があるんですねー。

ほとんど命かけて落書きしてますよねー。(おしまい)

スポンサーリンク



*このブログに関してご質問などがある方は下記の問い合わせフォームをご利用ください。

よろしくお願いいたします。

徐槿栄 逮捕 顔画像とFacebookを調査!【残虐】死産と間違え赤ちゃん放置
東京・歌舞伎町で生後間もない赤ちゃんの遺体が見つかった事件で ...
続きを読む
貴公俊 付け人に暴力 【呆然】遅刻早退 貴乃花 この親方にしてこの弟子あり?!
日本相撲協会は、貴乃花部屋に所属する貴公俊(たかよしとし)が ...
続きを読む

インターネットビジネスの歩き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です