橋下・ 東国原 即リプで本音トーク!議員は本当に儲からない!

東国原英夫氏が、11月9日、『橋下徹の即リプ!』に出演した。そこでやり取りされた2人の本音トークが面白い!


スポンサーリンク



橋本・東国原 即リプで本音トーク!こんにゃく、レンガ、座布団とは?

橋本徹氏と東国原英夫氏。共に知事を務めて一世を風靡した2人。政治家の何たるかを神妙に受け止め、これまでその裏情報にはほとんど封印してきた感のある2人だったが、両雄あい見える今回の対談で、貴重な本音トークが繰り広げられた。

前回の放送では、視聴者からの「再度の出馬は?」の質問に、

「もう誰もやってくれへんって話になれば、またそこで燃えるかもです!」

と発言していた橋下氏だが、今回、同じ種類の以下の質問を出演者の東国原英夫氏にぶつけてみた。

橋下氏
「もう一度、政治家やってもらえるんだったらやってもらいたいな。自分はやらないけど人には期待する。もうダメですか?」


と切り込んだ。

東国原氏
「いや~、政治家はボランティア精神だから。全然稼げない」


と生々しい話がスタート。

橋下氏
「許認可権を全部握ってるから、知事が悪さしたら本当にお金はあつまりますよ。もちろん全部断りましたけど。」


続けて、

橋下氏
「知事選のときに『寄付したい』って、現金持って申し入れが来ましたよ。選挙のときなんて、お金が飛びまくりですよ。『比例名簿のここに載せるために、これでどうかと』とか」


と暴露すると、

東国原氏
「うんうん、鉄の心じゃないと断れない。やっぱり人間だから。100万円をコンニャク、1000万円をレンガ。1億円は何って言うか知ってる?座布団って言うの!『座布団ですか?』と言われたこともある」


と応じる。

橋下氏
「権力は目的じゃなくて手段だから、お金じゃなくて本当に地域や国を良くしたいという思いがないと政治家やっても意味がない。僕は8年間、全部犠牲にしてやった。大阪への恩返し。だけど都構想を否定されたし、情熱が無くなった。だけど今の国会議員は、権力が目的になってる。彼らはあのポジションに就いておくことが全て。辞めたあと、国会議員としてもらってる以上に稼げる人は今まずいない」


と厳しく批判。

東国原氏
「権力にしがみつくんじゃなくて、何をしたいか、何の制度をつくりたいかなんだ。無責任って言われたけど、執着していないっていうだけなんだ。お金をなげうって、持ち出し出しででも選挙やろうっていう情熱が起きるかと言うのが重要。それが出れば動くかもしれない」


とコメント。

東国原氏
「橋下さんはタレントやってたほうが数倍稼げる。俺のギャラは橋下さんの二分の一くらいだから。講演会一本200万ですよ!みなさん!それがそのまま入ってくる」

橋下氏
「いや、ちょっと!これ生放送なんですから(笑)!ちゃんとマネジメント会社ありますから!もういいじゃないですか、そういう話は!」


と慌てて否定していた。

スポンサーリンク



橋下・東国原 即リプ本音トーク!こんな政治評論家はいらない!

上記のようなやり取りと共に、9日に放送された『橋下徹の即リプ!』の中で、二人が怒りの矛先を向けた相手は、政治評論家たちである。

発端は19才で「政治提案家」を目指しているという若者からのこんな訴えから始まる。

「今の政治には野党含め提案することが必要だと私は思いますが、橋下徹さんはどう思われますか?」

という質問。

橋下氏は「僕もそれが言いたかった」と反応。

で、ここから橋下氏の政治評論家に対する屈折した思いが炸裂。

「今の政治評論家はホントに下らないことばっかり言ってる。『誰々からこういう話を聞きました』とか、ちょっと裏話的なことを言ったり、政治のことを全然知らない人が現実無視で理想論だけ言ったりしている。そうじゃなくて、リアルな政治というものを前提にして、『こうやらなきゃいけない。でもこれをやろうとしたらこういう問題が出るので、ここを有権者に判断してもらわないといけない』と、しっかり伝えられる人材が必要だ」

と指摘。

また、トランプ大統領の来日について橋下氏は、

「いろんな有識者や学者が解説するけど、関係ないんですよ。トップ同士が会って飯食って、気が合うかどうかでいいんです。ゴルフをやって、波長が合うかどうかが重要。日本政府、アメリカ政府には膨大な職員がいて、実際のしごとをやっている。細かなことでぶつかることもあるけど、トップががっちりタッグをクンでいれば最後は収めることができる」

とコメント。

すると東国原氏も同じようにぶちまける、

「こないだの選挙のときもそう!”永田町を見て何十年”とか言って、予想をめちゃくちゃ外してるのに、外れたとは一切言わないでし、れっと出てるヤツ!『小池さんが出る』って言った人も、後で『出てほしかった、出なきゃダメだったんだ、出ないから惨敗したんだ』と論点をすり替えていくんだよ」と発言。さらに「『ある政治家と会いました、ご飯食べました、そこでこういうこと聞きました』という政治評論家がいるけど、あれ、言って良いのかなと思う。本人が見てたら『あいつ、テレビで言いやがった』と思うはず。もちろん、政治家がわざと評論家を使ってコメントを出させたという側面もあるんだろうが、飯食った時の情報を流すのは最低だと思う。『こういう人と付き合いがある、知ってるんですよ…』とう人、腹立つ!」

と怒りをぶちまけた。

二人はいずれもテレビ界の中から寵児として政界に飛び込んだ経緯を持つが、方や弁護士、方やお笑いという全く違う職種を経験していた。

属してきた世界とそのルールに伴うフィルターで、政治の世界を俯瞰してみると、確かに窮屈だったかもしれない。

そんなことを思いあわせると、二人が再び政治の世界に戻ることは今後ないのかもしれない。

これからの二人の政界暴露をとても楽しみにしている。(おしまい)

スポンサーリンク



*このブログに関してご質問などがある方は下記の問い合わせフォームをご利用ください。

よろしくお願いいたします。

徐槿栄 逮捕 顔画像とFacebookを調査!【残虐】死産と間違え赤ちゃん放置
東京・歌舞伎町で生後間もない赤ちゃんの遺体が見つかった事件で ...
続きを読む
貴公俊 付け人に暴力 【呆然】遅刻早退 貴乃花 この親方にしてこの弟子あり?!
日本相撲協会は、貴乃花部屋に所属する貴公俊(たかよしとし)が ...
続きを読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です