金与正 拉致被害者横田めぐみさんを尻目に平昌五輪 可愛い?目の横のあざは何?

北朝鮮の政府代表団として韓国を訪れている金正恩委員長の妹・金与正(キム・ヨジョン)氏が、2月9日夜、平昌オリンピックの開会式に出席しました。


スポンサーリンク



金与正 平昌五輪 開会式参加 金与正氏の横顔とプロフィールをご紹介!

金与正氏 画像

金与正氏 プロフィール

名前 : 金 与正
よみがな : キム・ヨジョン
生年月日 : 1987年9月26日
職業 : 北朝鮮の政治家。
現在のポスト : 朝鮮労働党中央委員会政治局員候補、同党中央委員会宣伝扇動部副部長
出自 : 北朝鮮第2代最高指導者の金正日の四女 北朝鮮第3代最高指導者の金正恩の実妹
母親 : 高英姫。
現在の漢字表記が判明するまでは、これまで金予正、金汝貞、金汝静とも表記されていました。

スポンサーリンク



金与正 拉致被害者 横田めぐみさんの娘の噂は本当?かつての拉致被害を復習!

ある日突然、大事な人が居なくなること、それが拉致被害に遭うということ

その日の朝、横田めぐみさんは、いつものように、お父さん、お母さん、双子の弟とにぎやかに朝ご飯を食べ、中学校へ出かけていきました。そして、これが家族にとってめぐみさんを見た最後になってしまったのです。

めぐみさんが帰ってこない!!

その日の夕方、クラブ活動のバトミントンの練習を終えて帰ってくるはずのめぐみさんは、いつもの時間になっても帰ってきませんでした。家族は、心配になって、必死でめぐみさんを探しました。警察も、誘拐や事故、家出、自殺などあらゆることを想定して捜査を進めました。けれど、目撃者も遺留品さえも見つかりませんでした。

その夜、めぐみさんは既に北朝鮮行きの渡航の中…

ずっと後になって出てきた間接的な証言によると、お父さんとお母さんが必死でめぐみさんを探していたとき、めぐみさんは北朝鮮の工作員に連れ去られ、40時間もの間、北朝鮮に向かう船の中の真っ暗で寒い船倉に閉じこめられていたというのです。めぐみさんは、「お母さん、お母さん」と泣き叫び、出入口や壁などあちこち引っかいたので、北朝鮮に着いたときには、手の爪がはがれそうになって血だらけだったと言われています。

横田めぐみさん 画像(13歳当時)
横田めぐみさん プロフィール

名前:横田めぐみ
生年月日:1964年10月5日
年齢:53歳
出身:京都市
両親:母親・横田早紀江(よこた さきえ)父親・横田滋(よこた しげる)

名古屋で生まれ、新潟市寄居中学校に入学してバトミントン部に所属していた横田めぐみさん。

運命の日は1977年11月15日に訪れました。

寄居中学校から、バトミントン部の練習後、下校中に失踪したのです。

横田夫妻は新潟県警に捜査依頼しました。

1年間でのべ3000人の捜査課を動員して操作をしましたが、手がかりは杳として見つからず・・・。

当時、失踪したという事実以外に、拉致されたのではなどという選択肢すら考えれませんでした。

その後も有力な情報は掴めずにいました。

事態が急転直下、思わぬ方向に向かったのは、失踪してから19年が経過した1996年でした。

フリージャーナリストの石高健次氏の書いた『現代コリア』という朝鮮半島情勢に関する月刊誌が発端で、横田めぐみさんが拉致被害にあっていたことが判明しました。

2002年日朝首脳会談が平壌で行われて、梅本駐英公使が横田めぐみさんの娘とされている、キム・ヘギョンに面会しました。

この年、北朝鮮が日本人を拉致してきたことの事実を認め謝罪。拉致被害者の安否の情報を日本政府に伝えました。

キム・ヘギョンの、血液や横田夫妻の血液とめぐみさんのへその緒からDNA鑑定の結果、血縁関係にあることが証明されたのでした。

2004年に再訪朝した小泉純一郎総理に対して北朝鮮側は、

『死亡した拉致被害者たちについて再調査する』と約束しました。

北朝鮮側は、横田めぐみさんがすでに亡くなっていること伝えるため、横田めぐみさんの遺骨を日本側に差し出してきたのでした。

しかし、この遺骨をDNAで鑑定すると偽物だと判明。

これらの結果、横田めぐみさんは依然、北朝鮮で存命していることが分かったのです。

横田夫妻の、横田めぐみさんを探すための活動は、そこから以降も延々と続けられ、失踪からとうとう40年が経過してしまったのです。

横田めぐみさんが亡くなったことにしたいという意図が、北朝鮮の動きからありありと伝わって来ます。

かつて、金与正は横田めぐみさんの娘ではないか?との憶測が流れたのは、現在53歳の横田めぐみさんの子供として、ちょうど年恰好がピッタリだったのと、二人の面差しがちょうど似ていたことから出たものでした。

そんな噂話もまだまだまことしやかに再燃し語られほどのリアルなタイミングで、金与正は平昌五輪の開会式に参加したのです。

スポンサーリンク



金与正 平昌五輪の開会式に参加!可愛いじゃ済まされない!拉致被害者の複雑な思い!

金正恩はこれまで多くの血脈を粛清により絶やしてきた。

叔父の張成沢もそうだし、兄の金正男もそうでした。

血の粛清が行われる政権にあって、すんでのところで独裁者が論拠としていくのは、やはり血縁の関係にある妹の存在であったのかもしれません。

こうした理屈から言えば、金正恩の妹である金与正(キムヨジョン・30)が、朝鮮労働党の中枢メンバーである政治局員候補に抜擢されたのは、あながち想像できないことではなかったのです。

これについて、東京新聞編集委員で金一族に詳しい五味洋治氏が解説します。

「与正氏は正恩氏とともにスイスに留学したこともあり、いまや正恩氏が唯一信頼する人物です。面会したことのある人たちはみな、『話していると楽しくはしゃぐ年相応の普通の女の子』と口を揃えますが、メディアを統制する『宣伝扇動部』出身のため思想宣伝に長けており、住民のホンネを探るために密使を張り巡らせるなど、表と裏の顔がまるで違う。父の故・金正日総書記も政治的センスを認め、後継者に考えたこともあるほど。正恩氏も万が一の時の後継者に与正氏を考えているのではないか」

日本との意外な接点があると言われるコリア・レポート編集長の辺真一氏は、次のように述べています。

「幼少期に正恩氏と来日し、ディズニーランドで遊んだことがある。そうした経験からか、スイス留学時代には、何の作品か不明ですが日本のアニメキャラの絵を描いて学友に見せていたそうです。与正氏が党幹部であることが分かったのは3年前、北朝鮮国内のアニメ映画撮影所を兄とともに視察した際のこと。メモを片手に笑う姿が写真に残っており、アニメには強い関心があるようです」

もう一つ日本に関わる話があります。

かつて、横田めぐみさんの娘のキム・ウンギョンさんと「同じ大学に通い、同じ政府機関の部署で働いていた」との情報が流れ、日本でも読売新聞(2014年3月18日付)が報じたことです。

しかしながら、この情報の出所が韓国拉致家族会であることから、金正恩氏の意向を強く体している可能性があり、金正恩氏の情報操作により、日本が拉致被害の解決をダシに利用されるのではないかという憶測も依然として強いとのこと。

この“情報工作”に与正氏自身が関与していたかは不明ですが、兄の血を濃厚に受け継いだ、宣伝と煽動に長けたロケットガール・金与正は、なかなか癖が強そうです。

金与正氏は2月9日夜、安倍首相やアメリカのペンス副大統領と同じ貴賓席から開会式を見守っていました。

韓国と北朝鮮の選手団が合同で入場した際には、立ち上がって手を振り、笑みを浮かべて文大統領と握手を交わす場面も見られました。

金与正氏ら北朝鮮の政府代表団は、10日午前11時から、韓国大統領府で文大統領と会談し、その後、昼食会に臨みました。

金与正氏は兄・金正恩委員長の信頼が厚いとされ、文大統領との会談では金委員長のメッセージを伝える可能性があるということ。

一方、文大統領としてはオリンピックを契機とした南北対話を米朝間の対話につなげたい考えですが、核問題をめぐる両者の主張には隔たりが大きく、先行きは依然として不透明です。

金与正氏は、明らかに金正恩氏の意思を継ぐものとして、今国を背負っての動きをしています。

スポンサーリンク



金与正 平昌五輪に参加
目の横のあざは何?

金与正(キム・ヨジョン)氏は、目のアザがまず特徴ですが生まれたときからのものなのでしょうか。

金与正(キム・ヨジョン)氏には、画像のように右目近くにアザがあります。

生まれつきなのかあるいはスイスで留学中に怪我でもして、残ったアザなのかは不明です。

スイス時代のげきぽちゃの画像はこれです!

ということで分かったのは、彼女のアザは生れつきではないということですね。

金与正氏が金正恩氏の代理として派遣されたことで、平昌オリンピックを軸にした南北朝鮮の動向が注視されるところですね。(おしまい)

スポンサーリンク



*このブログに関してご質問などがある方は下記の問い合わせフォームをご利用ください。

よろしくお願いいたします。

徐槿栄 逮捕 顔画像とFacebookを調査!【残虐】死産と間違え赤ちゃん放置
東京・歌舞伎町で生後間もない赤ちゃんの遺体が見つかった事件で ...
続きを読む
貴公俊 付け人に暴力 【呆然】遅刻早退 貴乃花 この親方にしてこの弟子あり?!
日本相撲協会は、貴乃花部屋に所属する貴公俊(たかよしとし)が ...
続きを読む

インターネットビジネスの歩き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です