小出恵介 不起訴処分!復帰狙うもROOKIESの呪いか?

小出恵介の出世作といえば、『ROOKIES』
この作品の中で、彼は御子柴徹というチームのキャプテンを演じている。
荒くれの集団の中で、唯一常識的な判断の出来る男子役である。
過日発売の「フライデー」にて、17歳女性との飲酒及び淫行がすっぱ抜かれた。
その結果、彼は無期限活動休止処分という、俳優として致命的な処分を受け、彼の出演予定のドラマが続々と放送自粛となった。
ところで、彼と同様、『ROOKIES』に出演した若き俳優たちが、今、絶体絶命の危機に瀕している。
そんな彼らを追ってみたい。


スポンサーリンク



『ROOKIES』キャストの現在を追え!イケメン俳優たちの現在はいかに?

2008年に放送された人気ドラマ『ROOKIES』

この作品には小出恵介を含め何人ものイケメン俳優が出演している。

今回は、彼らのその後を追跡してみたい。

まずは、赤星奨志こと山本裕典氏

赤星奨志こと山本裕典

赤星奨志こと山本裕典

山本裕典氏が、今年3月に所属事務所から契約を解除され、芸能界から引退状態になっている。その契約解除された原因が明らかになっている。

実は、山本氏のパトロン男性が詐欺で逮捕歴のある男性であったが、事務所は彼の存在を危険視して交際を断つように再三説得したところ、山本氏は反発。逆に、パトロン男性をスポンサーにして昨年、六本木にバーをオープンしていたと言われている。

そのことが事務所側にバレ、クビになったようだ。

次は、若菜智哉こと高岡蒼甫氏(当時)

若菜智哉こと高岡蒼甫

若菜智哉こと高岡蒼甫

彼はフジテレビの韓流路線を批判したことで大手事務所を解雇されたのだが、この時のコメントはこれ。

「正直、8は今マジで見ない。韓国のTV局かと思うこともしーばしーば。取り合えず韓国ネタ出てきたら消してます」

とか。

「ここはどこの国だよって感じ^^気持ち悪い!ごめんね、好きなら。洗脳気持ち悪い!」

とか。

「TV局の韓国おし無理。 けーPOP、てめーの国でやれ」

とか。

だが、高岡氏はその後も自分の主張を曲げず、

「自分の発言が間違いだとは全く思ってません。国を愛する人間としての一つの意見」

とさらに傲然と言い切った。

このことを契機に、大手所属事務所を退社し、その年の暮れには宮崎あおいとも離婚した。

あれからしばらくして、韓流ブームは過ぎ去り、フジテレビ問題は誰も気に止めないものになってしまった。

のちに韓国人俳優が竹島に上陸するなど、韓国芸能界も反日ムードが強まったり、逆に、韓流コンテンツは視聴者から反感を買うようにもなっている。

その後彼は、2016年1月にも20代の男性を殴るという傷害事件を起こしている。

この事件に関し、彼の知人はこんな風に吐露している。

「見知らぬ相手と三軒茶屋の店でケンカになったって報道だけど、向こうが計画的にケンカを仕掛けてきた感じだったって聞いてる。相手は自分から手を出したくせに、被害者面していて、たぶん高岡がちょっとでも手を出せば警察沙汰にして、タレント稼業を潰す計画的なワナだったんじゃないか」

この話の真偽はわからないが、高岡氏はその日の早朝、ラーメン店で飲酒中に面識のなかった男性と口論になり、店の外で殴る蹴るの暴行の末、ケガを負わせた疑いで現行犯逮捕されている。

高岡氏は「絡まれてカッとなった」と容疑を認めたという。

高岡氏は確かに目が鼻に抜けるような秀麗な顔立ちの人気俳優であったが、酒癖の悪さは昔から知られていた。

そして前回のフジテレビ騒動を契機に、2007年に結婚した人気女優・宮崎あおいとも離婚。

その際に宮崎とV6・岡田准一の不倫を暴露したりした。

男っぷり良さとそのやんちゃさが売りである反面、その若さゆえの生きの良さを我慢という理性で包み隠すことが苦手だった。

何れにしても、エネルギッシュな風格漂う彼であるが、現在少しずつ芸能界での仕事を増やしつつあるという。

さて次は、湯舟哲郎こと五十嵐隼士氏

湯舟哲郎こと五十嵐隼士

湯舟哲郎こと五十嵐隼士

ウルトラマンメビウスこと五十嵐隼士

ウルトラマンメビウスこと五十嵐隼士

で、『ウルトラマンメビウス』で主役も務めた五十嵐隼士氏は、すでに芸能界を引退している。

その理由は次の通りだ。

これまで9年間の芸能活動の中で、たくさんの役を演じてきました。そして、役者として日々、いろいろなことに興味を持とうと自分自身意識してきました。その中で、エンターテインメント以外の仕事にも興味が湧くようになり、一から勉強して、取り組んでみたいという気持ちが日々強くなっていきました。自分自身で何度も何度も考え、事務所とも話し合った上で、僕の考えを尊重していただき、この度、芸能活動を引退することを決めました。必ず自分の悔いの残らない人生を歩みます。今まで応援してくれた皆様、お仕事を通してお世話になった皆様、本当にありがとうございました。

なんでも、この人、現在は『しゃぶ八』というしゃぶしゃぶ専門店のオーナーをしているそうだ。

しゃぶ八オーナーこと五十嵐隼士

しゃぶ八オーナーこと五十嵐隼士

次に、関川秀太こと中尾明慶氏

関川秀太こと中尾明慶氏

関川秀太こと中尾明慶氏

 
中尾明慶氏については少し気の毒な結果に。

この人は至って真面目な性格で、本人はなんら問題を起こしていないのだが、今年7月配信予定だった主演ドラマ『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』(Netflix)が撮影し直しになりるという話。

その理由は小出氏が明石家さんま役をやるからとのことで、中尾氏からすれば、とんだもらいもらい不祥事件というところだ。

ちなみに中尾氏はこの中で、ジミー大西役を務めることになっていた。

小出氏の不祥事を受け、明石家さんま役は代役を立て、中尾氏は続投ということらしい。いう。

テレビ関係者は、

「配信中止となれば、莫大な損害賠償が発生したが、配信する可能性が濃厚になったことで小出の事務所・アミューズにとって最悪の事態は避けられた。ただ、代役となった俳優のギャラや違約金などは支払わなければならないだろう」

さらに、先ごろ都内で行われたアミューズの株主総会では社長が「創業以来最大の不祥事」と株主にお詫び。ほかの役員ともども、株主に深々と頭を下げら始末。

噂では、

「お蔵入りしたNHKの小出主演ドラマなど、アミューズが負担する賠償額は少なく見積もっても5億円にのぼると見られている」

さて次は、上坂英心こと遠藤要氏

上坂英心こと遠藤要

上坂英心こと遠藤要

チョイ役で出演した遠藤要氏は2017年2月、法律違反の賭博報道で謹慎処分に。

同年4月11日には晴れて謹慎処分は解除になっているが、共に活躍した仲間たちの失態を受け、己も自暴自棄の連鎖にはまってしまう不思議さは、何とも言えないところである。

スポンサーリンク



『ROOKIES』出演のイケメン俳優のその後!揃いも揃って、ヤンチャども!

で、その他の主力メンバーは・・・・・

川藤幸一こと佐藤隆太氏、安仁屋恵壹こと市原隼人氏、平塚平こと桐谷健太氏、桧山清起こと川村陽介氏は、いずれもデキ婚の経験あり。なので、揃いも揃って無計画、行き当たりばったり的な人たちばかりだったのかもしれない。

川藤幸一こと佐藤隆太

川藤幸一こと佐藤隆太

安仁屋恵壹こと市原隼人

安仁屋恵壹こと市原隼人

平塚平こと桐谷健太

平塚平こと桐谷健太

桧山清起こと川村陽介

桧山清起こと川村陽介

そして、新庄慶こと城田優氏岡田優也こと佐藤健氏、この2人はかなりのヤンチャだ。

新庄慶こと城田優

新庄慶こと城田優

彼は身長190センチのモテモテ俳優で、西内まりや、北川景子、安田美沙子、矢口真里、等等と、付き合っていたらしい。

岡田優也こと佐藤健氏

岡田優也こと佐藤健氏

この人のヤンチャぶりもで有名で、秋山莉奈、河西智美、石原さとみ、前田敦子、武井咲、広末涼子、森カンナ等等。

それにしてもすごいですねー。これら錚々たるタレント、女優の数々。

実に、羨ましい。(笑)

で、最後にご紹介するのが、今岡忍こと尾上寛之氏

今岡忍こと尾上寛之

今岡忍こと尾上寛之

この人だけはあまり噂もなく、何でも地元に長く付き合っている彼女がいるらしい。俳優として確実な進歩を遂げているということだ。『ROOKIES』に出演していた中で、唯一の安心路線というところだろう。

ということで、今回は、かつて『ROOKIES』に出演していたイケメン俳優たちのその後を追うでした!(おしまい)

スポンサーリンク



*このブログに関してご質問などがある方は下記の問い合わせフォームをご利用ください。

よろしくお願いいたします。

徐槿栄 逮捕 顔画像とFacebookを調査!【残虐】死産と間違え赤ちゃん放置
東京・歌舞伎町で生後間もない赤ちゃんの遺体が見つかった事件で ...
続きを読む
貴公俊 付け人に暴力 【呆然】遅刻早退 貴乃花 この親方にしてこの弟子あり?!
日本相撲協会は、貴乃花部屋に所属する貴公俊(たかよしとし)が ...
続きを読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です