小池百合子人気凋落!希望の党 排除のその一言で瓦解するか?

希望の党が物凄い勢いで発足したと思ったら、逆に物凄い勢いで失速している。
10月22日投開票の衆院選は、鳴り物入りで登場した希望の党のまさかの排除発言により、与党の圧勝となる展開が各社の世論調査で予測されている。
希望の命運を決めた決定的な瞬間と指摘されている9月29日の会見における小池百合子氏に、その時何があったのか。


スポンサーリンク



小池百合子 排除します!有権者の信頼を無くした失言中の失言!後悔先に立たず!

小池百合子氏の排除宣言は、実にインパクトがあった。

まずはこれをご覧ください。

民進党からの合流組の一部を「排除いたします」と笑顔で言い切った姿がテレビで繰り返し報じられている。

小池氏や希望の党のイメージが加速度的にダウンした瞬間だ。

これに対し、小池氏自身も10月13日に出演したテレビ番組で「きつい言葉だった」と悔やんでいるはいる。

だが一旦吐き出された党首の重すぎる言葉を修正することは難しい。

小池氏から「排除」発言を引き出したのは、誰か。

彼の質問の仕方がえげつなかったのか。いやいやそうではない。

その彼とは、『検証・小池都政』(緑風出版)などの著書があるフリージャーナリストの横田一氏だが、実際には彼の言葉の誘導とは全く思えない方向性を勝手に小池氏が作り出していったのだ。

彼は当日のやり取りをこう振り返る。

「いつも厳しい質問をするためか、会見で手を挙げても小池氏に指名してもらえなくなっていましたが、なぜか半年ぶりに当てられたのがあの日でした。民進党から希望への公認申請者は排除されないという前原誠司代表の話と小池氏の話が食い違っていたので、その辺はどうなんですか?」

と極めて素直な疑問をぶつけている。

横田氏は『排除』発言を聞いた時は、

「ああ、本性が出たなと。『寛容な保守』をうたいながら、なんと愚かな発言をするんだと思った。」

という。

スポンサーリンク



小池百合子 失言!弛緩が緊張に、永続する緊張に代わる瞬間!己の言葉にアーメン!

舞台は毎週金曜日の午後に行われる都知事の定例会見。

東京都庁の6階にある記者会見室でのこと。

小池氏からの発表を聞いた後、記者との質疑応答が行われるが、その日は挙手した記者たちの中から珍しく横田氏が指名された。

通常小池氏は、定例会見では都知事の立場で受け答えをするため、都民ファーストの会特別顧問や希望の党代表としての質問は受け付けないことにしている。それ故、会見後に非公式の取材というかたちで政党関係の質問を受けることになった。

非公式ということて゛定例会見と違って都のホームページでのネット中継もされないし、議事録にも掲載されない会見内容となる。

定例会見の数分後に非公式取材に移行した時に、小池氏は待ち構えていたかのように最初にいわくつきの横田氏を「逆指名」する。

小池氏:「では、横田さんもう一回いきますか」

横田氏:「繰り返しになりますが、前原代表が昨日発言した『公認申請すれば排除されない』ということについて(中略)前原代表をダマしたのでしょうか。共謀して、リベラル派大量虐殺とも言われているんですが……」

ここで小池氏が「音声入ってないの?」と質問を遮ったが、それは横田氏のマイクが作動していなかったためである。

横田氏が「最初から(言いますか)?」と剽げて言うと、別の報道席からは、どっと笑い声がこぼれていった。

この時である、小池氏の心が弛みきってしまったのは。

おそらく、横田氏の質問の表現があまりに過激すぎるために、小池氏が取り合わないだろうという空気が周りにあったのかもしれない。

前述の定例会見時から知事とのやり取りなども、全く的を外したものであった。

そういうこともあって、その会見室には小池氏を追及するというよりも空気を読まない質問をする横田氏を嘲笑するかのような弛緩した雰囲気が充満していたのは確かである。

小池氏もそうした空気を感じ取って、これからの発言を見逃してくれるだろうという安易さを持ってしまったのかもしれない。

小池氏が〝運命の一言〟を放ったのは、まさにこの瞬間だった。

小池氏曰く、

「わかりました、お答えします。前原代表がどういう表現をされたか承知をいたしておりませんけれども、排除をされないということは、ございませんで、排除いたします」

 
この一言によって、希望の党の勢いが一気に地に落ちてしまうことになる。

横田氏がこう振り返る。

「小池氏には、会見場は自分のフィールドだという油断があったのかもしれませんね。結果的に小池氏のホンネが早い段階でハッキリしたことで、枝野幸男氏らの立憲民主党の結党が公示前に間に合ったのは良かったのかもしれません。」

言葉には、それ自体が極度に強い語気を持つものと、文脈の中で強さを発揮するものもある。

この排除という言葉は、まさしく存在だけで、強力なインパクトを与えてしまう言葉であった。

このことを材料に、自民党陣営は、キラーワードとして希望の党のネガティブキャンペーンを強力に推進している。

神奈川16区でライバルごとう祐一氏とデッドヒートを演じている元ヤンキー先生こと義家ひろゆき氏も、この排除という言葉を軸に希望の党の牙城を崩しつつある。

義家ひろゆき氏はこんな風に持論を展開していく。

「例えばこの厚木でも、義家は嫌いだっていう方は一杯いらっしゃると思います。義家の政策も嫌いだし、自公連立政権の方策じゃない方がいいと、支持していただけない方も一杯いらっしゃいます。

それは当然です。

しかし、私たち政治家というものは、自分を嫌っている人であろうとも、自分と政策を異にする人であろうとも、この手で守らなければならないのです。それが政権選択選挙に臨む政治家の覚悟でなければならないのです。

清濁併せ呑むではないが、政治家は、時に想像を絶するほどの度量を持つ者でなければならないかもしれない。

そうだ。

人に接し、その人物の来歴、交友、既往の悪事などを綺麗に忘れ去って、談笑できる腹拵えの人物。

そういう人こそ、政治の道を志すことが出来るのかもしれない。(おしまい)

スポンサーリンク



*このブログに関してご質問などがある方は下記の問い合わせフォームをご利用ください。

よろしくお願いいたします。

徐槿栄 逮捕 顔画像とFacebookを調査!【残虐】死産と間違え赤ちゃん放置
東京・歌舞伎町で生後間もない赤ちゃんの遺体が見つかった事件で ...
続きを読む
貴公俊 付け人に暴力 【呆然】遅刻早退 貴乃花 この親方にしてこの弟子あり?!
日本相撲協会は、貴乃花部屋に所属する貴公俊(たかよしとし)が ...
続きを読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です