『LA LA LAND』の世界に浸る!俺はここから何を学べるのか?

自分を強くする触媒は何個かある。
本、人からの励まし、ドラマ、映画。
その媒体は様々である。
どんな手段でそれを得ようとも、自分の中での扱いは変わらない。ただ、どこから得られたのかという体験の数によって、人はそのことに没入していくのだろう。気に入ったものは何回でも観る!自分の場合、特にそれが顕著である。(笑)


スポンサーリンク



『LA LA LAND』を深読みする!複数回観た者だからこそ、得られる境地!

『LA LA LAND』の世界に浸る!

俺はこの映画をダウンロードしてから何回観たか分からない。

オープニングのシーンがすごく好きで。

高速道路の渋滞の中、ある女の子が突然歌い出すところからスタートする。

歌いながらのダンスは躍動感に溢れ、観る者の心を奪う。

ピアノの軽快な刻みは繊細なさざ波を心に呼び起こし、観る者の魂に火を灯す。

ダンス、楽曲、歌声、字幕の歌詞、1回観ただけでは、どれも中途半端で終わってしまうほど、心地よいスピード感に包まれていく。

俺の場合、1回目の視聴ではダンスを観て圧倒され、楽曲を聴きながら、ふーん、いい音楽だなーと思ったのが全て。

とにかくピアノの音が耳に残り続けた。

こちらをご覧ください。↓

It’s another day of sun

という最後のフレーズで、曲が満を持して唐突そうに終わる時、一瞬の間が置かれる。

それは恰も満場からの拍手喝采をアピールするかのような間であった。

ひょっとしたら、制作側はそこまで気を遣っていたのかもしれない。

It’s another day of sun

新しい輝く日がやってくる

太陽輝く新たな朝が巡ってくる。

ロサンゼルスでの、特にハリウッドでの成功を若者は夢見ていく。

雨の降らない街として有名なロサンゼルス。

劇中でミアも言っていたように、そこには素晴らしい可能性が溢れている。

だが、オーディションではくだらない理由で邪魔をされたり、画一的な格好で臨むオーディションではその人の個性は失われ、持って生まれた容姿で挑戦するのも致し方ない。そこには自分が世間並みな女であることを知らされる現実のみが横たわる。

ミアもそうした現実に打ちひしがれる。

銀幕の成功者として対比されるについて、出身がニューヨークかロサンゼルスかということがある。

常に夢を追いかけ、眠りについて翌日起きたら素晴らしく天気のいい日が待ってるとするロス出身者の精神の成り立ち。

そして、身を粉にして夢を追いかけ、成し遂げたいことを成し遂げようと奮闘努力し、疲れ切ったその翌日は外は泥だらけで汚くて、雪は薄氷に変わってるとするニューヨーク出身者の精神の成り立ち。

ニューヨークの現実と、ロスの仮想現実。

ニューヨークの夢追う人は、現実の厳しさを知るが故に、早晩、等身大の自分を追っていくことになるだろう。

一方、ロスの夢追う人については、太陽の光を背景に注がれていく自分を励ますモチベの波は、彼らに無駄な期待感を持たせ、現実から離れた仮想現実をずっとずっと追わせてしまうかもしれない。

ある映画評論家は、このことを指して、このオープニングが持つ華やかさの中に隠れた虚無感とさえ、表現した。

そうして夢追う人は、いつ終わるかもわからない挑戦を続けていく。

どれだけ拒絶されて惨めな気分になっても、お金が底をつきそうになって煮え湯を飲まされることがあっても。

次の朝は、また新しい輝きの日を迎えられる。

狂気が夢追う人を支配したら、次の朝がどんなものになるか、誰にも分からない。だから世界には私たちのような夢追う人が必要なんだ。

ミアが最後のオーディションの中で口ずさんだ、尊敬する叔母のキラーフレーズ。

ここでは夢破れ続けた者の悲哀などは語られない。

負けた者が、今どうなっているかなんて語られないのだ。

負ける自分など全く想像しない、強気のメンタルの自分さえ存在していればいい。

だから今の自分があるのだと。

叔母の魂がミアに語り続けた。

だから、俺はこの映画が好きなのかもしれない。

そんな風に思う。

スポンサーリンク



自分を成功に導いてくれる人 それが恋人だったら、それこそかけがえのない存在!

そんな映画の中に気づきがあった。

Someone in the crowd という曲がある。

Someone in the crowd (人混みの中の運命の相手)を探しにいくという設定。

ミアの友達が彼女に働きかける。

あるオーディションに打ちひしがれて、ミアは失意にある。

住まいをシェアして住んでいる友人たちは、ミアと志を同じくする者。

みんな銀幕の世界でスターダズムに登りつめることを夢見ている。

ミアは、その日、自分の失意を隠すために、仕事があると嘘ついていた。

だが、一人残され、自分の今を考えた時に、ミアの強気な面が心に覗かせる。

どんな小さなチャンスも生かさなければとの想い。

彼女の中で、時折見せる、自分の負け癖が淘汰されようとしている。

そうだ、自分を強気に律するとき、何でも出来そうな高揚感が生まれるのだ。

そういう特異な自分の精神構造を持っていなければ、きっと女優なんて狭き門の職業を目指せはしないだろう。

ミアの心情を支配するものは、いつも彼女の叔母が自分に発したメッセージ。

狂気が夢追う人を支配したら、次の朝がどんなものになるか、誰にも分からない。だから世界には私たちのような夢追う人が必要なんだ。

今日のいま、この瞬間に僅かなチャンスが宿るとしたら、何があろうとも、それをも掴みに果敢にいく。

そんなところから、ミアの躍動が始まる気がするのだ。

You got the invitation
招待状はあるし

You got the right address
住所もある

You need some medication?
気晴らしが必要でしょ?

The answer’s always yes
いつだって答えはYES

A little chance encounter could be the one you’ve waited for
ちょっとした出会いが待ち望んでいたものになるかも

Just squeeze a bit more
もう少し押しを強くね

Tonight we’re on a mission
今夜、私たちには使命があるわ

Tonight’s the casting call
今夜はオーディション

If this is the real audition
もしこれが本当のオーディションなら

Oh, God, help us all
あぁ、神様、助けて

You make the right impression
いい感じの印象を与えるのよ

Then everybody knows your name
そうすれば、みんなに名前を知ってもらえる

We’re in the fast lane
私たちは激しい競争の中にいるのよ

Someone in the crowd
人混みの中の誰かが

could be the one you need to know
運命の”誰か”なのかも

The one to finally lift you off the ground
あなたを引き上げてくれる”誰か”なのかも

Someone in the crowd
人混みの中の誰かが

could take you where you wanna go
夢を叶えてくれる”誰か”なのかも

If you’re the someone ready to be found
もしあなたが見出される準備ができているのなら

you’re the someone ready to be found
あなたが相応しい相手なら

Do what you need to do
やるべきことをやっておくのよ

‘Til they discover you
その日が来るまで

And make you more than who you’re seeing now
そうすればもっと素敵な自分になる

So with the stars aligned
星が輝いてる

チャンスをものにしようとするチャレンジャーの空気感が真正面から伝わってくる。

俺はその雰囲気が好き。

そんな中思ったのは、この映画の中で、Someone in the crowd が一体誰であったかということ。

思うに、ミアにとって、それは紛れもなくセバスチャンであった。

共に果てない夢を追う続ける中で、二人は恋愛をスタートした。

サブがいたからこそ、一人芝居の着想が浮かび、一人芝居をしたからこそ、ミアの才能を見出した映画製作関係者の誰かに辿り着いた。

一方で、ミアがいたからこそ、サブはそれまでの風来坊的な自分の生活に区切りをつけ、著名なバンドに身を投じて、確かな稼ぎを得ようと考えた。

それによってサブは、自分の店を持てたのである。

だが、二人は生涯を誓い合うことはなかった。

その寂しさが、この物語の良さを際立たせる。

それは、夢追う人々が、その夢を成就した時に、何を思うのかの教訓を我々に示しているのかもしれない。(おしまい)

スポンサーリンク



*このブログに関してご質問などがある方は下記の問い合わせフォームをご利用ください。

よろしくお願いいたします。

徐槿栄 逮捕 顔画像とFacebookを調査!【残虐】死産と間違え赤ちゃん放置
東京・歌舞伎町で生後間もない赤ちゃんの遺体が見つかった事件で ...
続きを読む
貴公俊 付け人に暴力 【呆然】遅刻早退 貴乃花 この親方にしてこの弟子あり?!
日本相撲協会は、貴乃花部屋に所属する貴公俊(たかよしとし)が ...
続きを読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です