マラソン原裕美子 逮捕 顔画像とFacebookを特定!執行猶予中に再び万引 盗んだものは何とキャンディー!

栃木県足利市のコンビニエンスストアで万引したとしたとして執行猶予判決を受けたマラソンの元世界選手権代表選手で飲食店店員の原裕美子容疑者(36)が、再び万引の容疑で逮捕されました。


スポンサーリンク



原裕美子 逮捕 顔画像と横顔を調査しました!

原裕美子容疑者 顔画像
原裕美子容疑者 プロフィール

名前 : 原裕美子
よみがな : はら ゆみこ
年齢 : 36歳
身長 : 163cm
体重 : 43kg
職業 : 元マラソン日本代表 現在 飲食店店員

選手時代の自己記録

【自己ベスト】
5000m : 15分38秒81 (2004年)
10000m : 31分24秒33(2005年)
ハーフマラソン : 1時間09分28秒(2002年)
マラソン : 2時間23分48秒(2007年)

スポンサーリンク



原裕美子 逮捕 この事件の経緯と詳細を明らかにする!

原裕美子被告は栃木県足利市のコンビニで化粧品や食料品を万引したとして、昨年11月に宇都宮地裁足利支部で懲役1年、執行猶予3年(求刑懲役1年)の有罪判決を受けていました。

公判で原被告は「しっかりと治療を続け、今後このようなことがないよう、事件のことを忘れることなく日々を過ごしていきたい」と述べていたところでした。

起訴されたのは3月2日付。起訴状によると、原被告は2月9日午後8時45分ごろ、群馬県太田市のスーパーでキャンディー1袋など3点(販売価格計382円)を盗んだとしています。

原容疑者は、「店を出る前に商品を戻すつもりだった」と、容疑を否認していると言いますが、たった382円のためだけに、更正の道が再び遠のいたことをどう考えているのでしょうか?

原容疑者は平成17年、名古屋国際女子マラソンで初優勝し、同年のヘルシンキ大会では6位に入賞するなど世界陸上に2度出場するほどの実力者で、地元でもそれはそれは有名な人でした。

超がつくほどの真面目な人で、マラソン人生の途中から歯車が狂いました。

故障が続き、思うようなレースができなくなり、おまけに結婚式まで上げて、いざ入籍という段になって、いきなり破談になってしまうなど、波乱万丈な人生を歩んで来られました。

最初に万引き容疑で逮捕された因縁のコンビニです↓

マラソンで人生をかけてきて、その不調から脱却できず、新たに結婚を機に、リスタートを考えていた矢先のとんでもない騒動。

彼女の中で何が幸せか、わからなくなってしまったのかもしれません。

その間のことを恩師の小出監督はこんな風に語っていました。

「体を壊して入院していたから出席できなかったけど、僕にも結婚式の招待状が来ましたよ。

20代、30代の女性が、結婚を考えていた男性と、うまくいかないと、それはもう、ハンパじゃないショックを受けると思うんだよね。

あの子は、いつでも、何事でも、真剣だったから、他人には見えないストレスがあったのかなあ……」

スポンサーリンク



原裕美子 逮捕 この事件のまとめ

 
恐らくですけど、彼女はきっと未だに心の鬱積が蓄積されたままで、やけのやんぱちで、今回の犯行に及んでしまった可能性が高いですね。

自暴自棄の所産。

分からないでもないですが、地元の有名人が、こんな形で人生を転げ落ちていくのは、悲しいというか、切ない限りですよね。

一度はマラソンという競技を通じて、何かをつかんだはずの彼女。

今度は人生のマラソンをしっかり地に足をつけ、歩んなもらいたいと思います。(おしまい)

スポンサーリンク



*このブログに関してご質問などがある方は下記の問い合わせフォームをご利用ください。

よろしくお願いいたします。

徐槿栄 逮捕 顔画像とFacebookを調査!【残虐】死産と間違え赤ちゃん放置
東京・歌舞伎町で生後間もない赤ちゃんの遺体が見つかった事件で ...
続きを読む
貴公俊 付け人に暴力 【呆然】遅刻早退 貴乃花 この親方にしてこの弟子あり?!
日本相撲協会は、貴乃花部屋に所属する貴公俊(たかよしとし)が ...
続きを読む

インターネットビジネスの歩き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です