大小原康二逮捕 顔画像あり Facebookを調査 16歳少女誘拐 目的は?

SNSを通じて知り合った栃木県内の女子高校生(16)を誘い出し、静岡の自宅に連れ去ったとして、44歳の男・大小原康二容疑者が逮捕されました。容疑は未成年者誘拐の疑いです。


スポンサーリンク


大小原康二容疑者の画像と横顔を紹介

大小原容疑者 画像
大小原容疑者 横顔

よみがな : おおこはら こうじ
住 所 : 静岡県沼津市東原
職 業 : 無職
年 齢 : 44歳

なお、大小原容疑者の顔画像についてはニュースでの撮影以外はネットでも出回っていないようでした。Facebookで検索もしてみましたが、静岡県沼津市東原在住の「大小原」という名前のアカウントは見つからず、本人と断定できるものはありませんでした。もっと詳しい顔画像やSNSについては情報が出回り次第、こちらで更新していきます。

この事件の詳細 本当に誘拐容疑?

大小原容疑者はSNSを通じて知り合った栃木県内に住む16歳の高校1年の女子生徒を家出するように言って誘い出し、2018年1月20日、自宅に連れ去った疑いが持たれています。

そして明けて翌21日午後、警察が大小原容疑者の自宅で女子高校生を見つけて保護し、大小原容疑者が容疑を認めたため、お縄頂戴になりました。

発端は、SNSを通じて二人が出会ったこと。そんな二人が意気投合してやり取りを始めます。

28歳も年の功を余分に重ねている44歳の大小原容疑者をすっかり信用してしまったんでしょうね。

女子生徒は20日朝、「友達と勉強する」 と言って家を出ました。

両親に当てた手紙には「悩みがあり、家出する」という内容の置き手紙を残していたらしいです。

おそらく、何回か経験済みであろう大小原容疑者の常套手段であったのでしょう。

大小原容疑者の指図どおりに、栃木県の自宅を後にしました。

16歳の女子が栃木から遠く静岡まで家出をするというのですから、よっぽど誘導がうまかったのか、本人が悩みを抱えていたのか、どちらかでしょう。

この女子生徒は、要は全幅の信頼を大小原容疑者に寄せています。

ひょっとしたら、過去に何度か会っていたのかもしれませんね。

ところで、大小原容疑者の逮捕理由が誘拐容疑ということで、とんでもない44歳だ!と世間を賑わせている訳ですが、実際は女子生徒の方から容疑者に会いにいっています。

そういうのを加味すると、果たして誘拐っていう罪状は正しいのかなぁと思ったりもします。

普通は容疑者の方から会いに行きますよね。

これもまたよっぽど容疑者に全幅の信頼を寄せ、会いたい気持ちに女の子の方からなってしまったのか、容疑者が金がないため来させたのか、その辺はよく分からない部分ですね。

スポンサーリンク


大小原容疑者異例のスピード逮捕 警察の捜査力に脱帽!?

ところで、今回の逮捕劇、すごいスピード感を感じませんか?

女子生徒を家出するように言って誘い出したのは、1月20日。

大小原容疑者の自宅に女子生徒が訪れています。

そして明けて翌21日午後、警察が大小原容疑者の自宅で女子高校生を見つけて保護しました。

普通なら、周囲の人間は、SNSで知り合ったことなど知る由もないのが当たり前ですが、今回、この女子生徒は有力な手掛かりを家族に残していたのです。

実はこの被害女子生徒、事前に 宅配便で大小原容疑者の自宅宛に荷物を送っていたということなのです。荷物送付の送り状でも、自宅に残しておいたのでしょうね。それが理由で大小原容疑者の自宅が捜査の網にかかったという訳なんです。

この事件に対するネットの声を集めました!

ネットの声①
「SNSでの危ない模倣犯はこれからも続くんだろうな。普通の人がいつ加害者、被害者になるか分からないね。」

ネットの声②
「この事件、誘拐にするにはちと可哀想でない?女子生徒の方から出向いてんだよ?」

ネットの声③
「一つ間違えば、わいせつ、暴行、さらには◯人事件に発展しかねない事例。女子生徒、よく無事だったね。」

ネットの声④
「SNS事業者側のさらなる対策を希望します!」

ネットの声⑤
「この容疑者、もし女の子の方に好意があったんなら、すぐに容疑認める必要はあったのかな?」

ネットの声⑥
「男も短絡的だし、女も短絡的。需要と供給がしっかり存在している証拠。どちらが悪いでもないような気がする。」

この事件の総括とまとめ

今回の家出希望の少女を狙った未成年者誘拐事件。

確かに、自◯希望の少女を狙った事件とは違って、多少お粗末な点があり、そこが逆に救われるところだと思います。

でももし、二人が出会った接点が分からないとしたら、例えば、携帯電話を相手に奪われ、なんな手掛かりも残らないとしたら、この事件、どうなったでしょう。

わいせつな行為をして、その証拠を即座に隠滅することだって、犯人の頭に容易に明滅する選択肢になってしまうのではないかと思います。

とにかく、悲劇的な結末に至る可能性も十分にありましたが、今回は女子生徒は無事保護、大事には至らなかったことが本当に不幸中の幸いだと思います。

でも明日は我が身。

これを見ている方々、明日はハッピーエンドになるとは限りません。

少女諸君、自粛しましょう!(おしまい)

スポンサーリンク


*このブログに関してご質問などがある方は下記の問い合わせフォームをご利用ください。

よろしくお願いいたします。

徐槿栄 逮捕 顔画像とFacebookを調査!【残虐】死産と間違え赤ちゃん放置
東京・歌舞伎町で生後間もない赤ちゃんの遺体が見つかった事件で ...
続きを読む
貴公俊 付け人に暴力 【呆然】遅刻早退 貴乃花 この親方にしてこの弟子あり?!
日本相撲協会は、貴乃花部屋に所属する貴公俊(たかよしとし)が ...
続きを読む

インターネットビジネスの歩き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です