男目線のディズニーとは一体なんぞや?

男目線のディズニーって一体何でしょう?以前、自分で気づいてしまった真理は決して覆せないことを、ディズニーを通して体得してしまいました。そしてベイマックスに寄せる想いの丈の深さ、この2つが自分のディズニー好きの原点なんです。で、これら内面から発することとは別に、実利的な面もあります。それが、男としての一朝有事に備える、つまりは男として来たるべき日に備えるということです。つまり……

スポンサーリンク



好きな人を思う存分、ディズニーという場所でエスコートするため!

その時に備えるのです!

自分の統計からすると、ディズニー好きに悪い人はいないという感覚を女子は持っています。

かつ、デートでディズニーに行って喧嘩して分かれるというカップルも多数いる中で、ディズニー好きな男ならば、はしゃぐ女子の気持ちもよく理解できるし、その熱狂ぶりについても思いやりが働くという訳。(笑)

そのためのスキルを磨きたいんです。

もうひとつは、男ならば、やはりコスト感覚を磨くことも大切でしょう。

美味しい食事はもちろん楽しみたい。帰りがけのお土産もたくさん買いたい。それを踏まえたうえで、そうは言っても出来るだけコストのかからないディズニーの楽しみ方を探求していくこと。これも大事。

スポンサーリンク



そして最後には、女子をエスコートした先に、少し気の利いたディズニー絡みの愛のフレーズを提供していければ、さらに最高!

そんな訳で、

①エスコートスキルを身に付ける

②コスト感覚を磨く

③気の利いたフレーズを創作する

これら3つは正に、男子の男子による男子のための恋活、婚活へと導かれていくという結論です。(笑)

さてさて、1つずつ詳述していきまーす!

①エスコートスキルを身に付ける

では、これまでの世間一般のディズニーの楽しみ方に一石を投じ、ディズニー好き女子に意外性をアピールします。例えばアトラクションが持つエピソードを随所で披露出来るようになって女子の尊敬を集めたり、その場所から一番近いトイレを誘導できたり、夜景・照明が綺麗なロマンチックな場所を提供できたり。あるいは、アトラクション後ののんびりまったりした時間を過ごすための方法等を探求出来るようにしたい。

②コスト感覚を磨く

では、常識あるコスト感覚を身に付け、婚活男子としての経済観念をアピールします。Men’s おひとりさまディズニーならではの、安く効率的な楽しみ方を追求していくのを目的とします。

③気の利いたフレーズを創作する

では、エスコート→結婚に耐えうる男子→ロマンチックな愛のメッセージによって畳み掛ける。ロマンチックなシチュエーションを前に、ロマンチックなメッセージを伝えない手はないでしょう。そうした言いにくい言葉を日々積み重ねて、その運命の時を待つのです。(笑)

ということで、これら3つを中心に、

Men’s おひとりさまディズニーのススメ!

を描いていくつもりです。。。(笑)(本気か?この男!)(おしまい)

スポンサーリンク



*このブログに関してご質問などがある方は下記の問い合わせフォームをご利用ください。

よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です