高木菜那・美帆 姉妹でスジ良く可愛い 狙うはスピードスケート・パシュート金!

いよいよ、【2018年平昌五輪】が始まります!
その中でメダル候補として注目されているのが、女子スピードスケート代表、高木菜那・美帆姉妹。
彼女たちが期待される訳は、去年11月から12月にかけ、スピードスケート・ワールドカップの女子チームパシュート(団体追い抜き)で、3度にわたって世界新記録を叩き出したことですが、その勢いを駆って、果たしてオリンピックも制するか?注目が集まります。


スポンサーリンク



高木菜那・美帆 姉妹はスジ良い!2人の画像と素直な横顔をご紹介!

高木美帆選手 画像
高木美帆選手 プロフィール

所属 日本体育大学
誕生日 1994年5月22日(23歳)
出身地 北海道中川郡幕別町
身長 163.5cm[出典元 : Wikipedia]

北海道中川郡幕別町出身。幕別町立札内中学校、北海道帯広南商業高等学校卒。両親と兄・姉の5人家族で、兄・姉もスピードスケート選手である。兄や姉の影響で5歳からスケートを始める。7歳からはサッカーにも打ち込み、中学ではとかち帯広フットボールクラブでプレー。男子に混じりフォワードでレギュラーを獲得。[出典元 : Wikipedia]
高木美帆選手 戦績
年度 場所 種目 結果
2015
ヘーレン
ヘェイン
団体
パシュート
金🥇
2016
コロムナ
団体
パシュート
銀🥈
2016
コロムナ
マススタート
銅🥉
2017
江陵
団体
パシュート
銀🥈
2017
江陵
1500m
銅🥉
高木菜那選手画像
高木菜那選手 プロフィール

所属 日本電産サンキョー
誕生日 1992年7月2日(25歳)
出身地 北海道中川郡幕別町
身長 155cm
体重 47㎏[出典元 : Wikipedia]

北海道中川郡幕別町札内北町出身。兄の影響でスケートを始めて、札内北小学校入学後にKSCスケートクラブに入る。[出典元 : Wikipedia]
高木菜那選手 戦績
年度 場所 種目 結果
2015
ヘーレン
ヘェイン
団体
パシュート
金🥇
2016
コロムナ
団体
パシュート
銀🥈
2017
江陵
団体
パシュート
銀🥈
2017
江陵
マススタート
銀🥈

スポンサーリンク



高木菜那・美帆 姉妹でスジ良く可愛い 本気で狙うぞ!パシュート金メダル!

団体パシュートとは?
団体パシュートは1チーム3人で構成されます。

2つのチームがメインストレートとバックストレートの中央から対極に分かれ同時にスタート。

女子はコースを6周(男子は8周)し、3人目の選手がゴールしたタイムが速い方の勝利。2006年のトリノ大会から五輪で採用されています。

現在、このチームパシュート日本代表メンバーは、佐藤綾乃、菊池彩花、そして高木菜那・美帆姉妹の4人です。

なかでも高木姉妹は、3度の世界新記録レースの全てに出場するという、正に日本チームの核になる選手たちです。

二人はパシュートで姉妹としての絆を深くし、長く苦楽を共にしてきた結果として、あくまで金メダルを狙っていきます。

スポンサーリンク



高木菜那・美帆 姉妹でスジ良く可愛い二人は互いにライバル 二人のこれまでを詳細に!

いよいよ明日開幕する平昌五輪の金メダル最有力候補と目されている彼女たち。

だが、ここまでの8年間には二人だけしか気脈を通じ合うことができないシンパシーがありました。

それぞれの浮沈を肌で感じ、その浮き沈みを互いの存在で補ってきました。

2009年12月、翌年開催のバンクーバー五輪代表選考会。彗星の如く現れた妹・高木美帆選手が、日本女子スピードスケート1500mで優勝を果たすことになります。

この勢いで冬季五輪史上最年少でオリンピック代表となりましたが、当時彼女は15歳の中学生でした。

記者会見に臨む中学生の美帆選手は、そのドキドキを姉と共有しようと背後には姉・高木菜那選手が隠れるように待機。

現に、妹・高木美帆選手に隠れてしまうような居住まいと小柄さで、行儀正しく控えていた彼女は、「そちらは妹さんですか?」と声をかけられるほどの雰囲気でした。

妹は快活に「姉です。よく間違えられます」と返しましたが、妹に間違えられたのが当時17歳の姉・菜那選手だったのです。

体格的には妹より9cm低い身長155 cmと小柄で、体の大きさからよく妹と間違われていたという姉の菜那選手。

高木菜那選手
「美帆にはいつもいじめられているんですよ」

と、そんなことを自然に言える二人の間柄です。

北海道・帯広市に生まれた2歳違いの菜那と美帆は、幼い頃から仲良しで、何をするにも二人一緒。

もちろん最初にスケートに目覚めたのも、きっかけは無論一緒でした。

あの時から重ねた二人のスケートに対する想い入れ。

歳は違えど、きっかけの時から数えれば、同じ経験値をあたかもそれぞれのDNAの如く、感じ合い、絡み合ってきた二人です。

だからこそ、どちらかがピンチの時は、片方の本能がもう片方急場を助けようとし、姉妹として欠くべからざる存在になってきました。

妹・美帆が中学生で一躍脚光を浴びることになると、

高木菜那選手
「美帆は今、バンクーバーの女神なんだぞ!! 奇跡おこしてこい! どんなことがあっても、ななちん、味方だから…。みほ~ 大好きだぁー」

と最大限のメッセージを発し、

高木美帆選手
「わかってるよ。まぁ何とかなるっしょ! とりあえず楽しんでくるから。でわ、いってきー」

とマイペースな妹。

迎えたバンクーバー五輪でしたが、美帆選手は1000mで35位、1500mで23位と惨敗。

成績は残せなかったものの、オリンピックという大きな経験を得た妹・美帆選手を遠目に眺めながら、菜那選手は初めてのオリンピックを観客席から見守っていた。

高木菜那選手
「凄いなぁ。自分も成長して、ここで滑られたらいいなぁ」

と深く心に刻んでいました。

その後、美帆は姉と同じ高校に進学。1年間だけ同じスケート部で過ごすが、卒業後、姉は実業団に進み、妹は大学へ。2人の道は大きく分かれていきました。

社会人の道に早くから進んだ姉・菜那選手の目途にあったのは、即戦的に強さを身につけ、妹を凌駕すること、このことでした。

それは取りも直さず、妹・美帆選手を仮想敵として見出していたからだと思います。

ところが、大学生になった美帆は、以前の活躍がウソのように不調へと陥りました。

国内大会の表彰台にすら上れない日々が続きます。

一方の菜那は、一気に国内トップ選手へと着実に成長を遂げていく。

今度は逆に、美帆選手が姉の優勝を祝福する側に回っていたのです。

禍福は糾える縄の如しといいますが、幸運が巡ってきた姉の心を支配した気持ちは、

高木菜那選手
「やっと妹のライバルになれた」

という思いだったといいます。

その勢いで菜那選手はソチ五輪代表入りへ。

ところが妹・美帆選手はまさかの落選の憂き目に遭ってしまうのです。

美帆選手は、こう思ったといいます。

高木美帆選手
「どこかで、オリンピックイヤーというものを甘く見ていた。何とかなるって思っていた部分があった」

と。

これに対して、妹の分まで五輪に全てを託した姉は、

高木菜那選手
「今まで、美帆のオマケでガンバレ~って感じかと思っていたけど、皆、応援してくれていることに泣きそうになった」

と表現しています。

バンクーバーでは、妹だけが代表入りし、ソチでは、姉だけが代表入りしました。

この時、妹・高木美帆選手は、

高木美帆選手
「私の方が成績のいい時だって、グレずにずっと応援してくれたじゃん。ずっと頑張ってきたんじゃん。次は私の番。立場は逆転しちゃったけど、私は私なりに頑張るからさ」

と返しました。

迎えた姉のソチ五輪の試合を、日本で静かに応援していた妹。

しかし姉は、1500mで32位、期待されたチームパシュートでも4位。妹と同様、目標としていたオリンピックのメダルを持ち帰ることは出来ませんでした。

2人は、その前の五輪ともその前の前の五輪時も、そして今も互いにメールを送り合っています。

8年という月日を経て、同じ大舞台へ上がっていく二人の姉妹。

他人に対して闘争心を剥き出しにする負けず嫌いな姉と、他人ではなく自分に集中するという妹。

高校時代以来、実に久しぶりにそろって練習する日々を送る二人は、今切磋琢磨していってにさらなる高みを見せていきます。

平昌五輪、心から期待しております!(おしまい)

スポンサーリンク



*このブログに関してご質問などがある方は下記の問い合わせフォームをご利用ください。

よろしくお願いいたします。

徐槿栄 逮捕 顔画像とFacebookを調査!【残虐】死産と間違え赤ちゃん放置
東京・歌舞伎町で生後間もない赤ちゃんの遺体が見つかった事件で ...
続きを読む
貴公俊 付け人に暴力 【呆然】遅刻早退 貴乃花 この親方にしてこの弟子あり?!
日本相撲協会は、貴乃花部屋に所属する貴公俊(たかよしとし)が ...
続きを読む

インターネットビジネスの歩き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です