高梨沙羅 実家はセブンでスポンサーなのに二重・鼻整形疑惑でベンツに鞍替え?イップスか?

いよいよ、【2018年平昌五輪】か始まりました!
ちょっと前まで常勝将軍だった高梨沙羅選手。
ところが突然自分の滑り方が分からなくなった?か、ここ最近自分のジャンプをしても勝てない。ひょっとしたら、スポーツ選手に突然襲う「イップス」では?


スポンサーリンク



高梨沙羅選手の画像&プロフィールをご紹介!

高梨沙羅選手 画像

高梨沙羅選手 プロフィール

生年月日 1996年10月8日
年齢 21歳
出身地 北海道
身長/体重 152cm / 44kg
最終学歴 日体大在学中
所属 クラレ
出場歴 ソチ五輪(4位)
出場種目 女子ノーマルヒル個人

高梨沙羅選手 戦績一覧

【ノルディックスキー世界選手権】

年度 場所 種目 結果
2013
バルティ
フィエメ
個人
ノーマルヒル
銀🥈
2013
バルティ
フィエメ
混合団体
ノーマルヒル
金🥇
2015
ファールン
混合団体
ノーマルヒル
銅🥉
2017
ラハティ
個人
ノーマルヒル
銅🥉
2017
ラハティ
混合団体
ノーマルヒル
銅🥉

【ワールドカップ選手権】

年度 種目 結果
2011
2012
総合成績
銅🥉
2012
2013
総合成績
金🥇
2013
2014
総合成績
金🥇
2014
2015
総合成績
銀🥈
2015
2016
総合成績
金🥇
2016
2017
総合成績
金🥇

ということで、物凄い戦績を引っさげ、平昌五輪の大舞台に臨む高梨沙羅選手。

オリンピックという舞台で大きな翼をはためかせることが出来るのか。

彼女のブレイクは、実はこのCMによってでした。

このCMで、高梨選手は「わたし、高梨沙羅はセブン‐イレブンで育ちました」と語り、北海道上川町の実家がセブン‐イレブンを営んでいると明かしました。

さらには、「いいときも、悪いときも、いつも家族とセブン‐イレブンがいました」とも。 そうしたことから、インターネットでは「上川町のセブン‐イレブン、さっそく行ってみよう!」などと、いっときはツアーも組まれるほどの人気店になったということです。

このお店です↓

セブン&アイHDは、

「高梨選手のご実家が(セブン‐イレブンの)加盟店であることは事実です」

と話す。

どうやら、まぎれもなく事実のようです。

高梨選手が育った北海道上川町によると、町内にあるセブン‐イレブン2店舗のうち、層雲峡温泉にある上川層雲峡店高梨選手の実家が経営しているという。

テレビCMに映る、雪の中でも目立つ、シンボルのオレンジと緑、赤のラインと、建物中央あたりの「セブン‐イレブン」の文字とともに出入り口を配した、大きな三角屋根のデザインの店舗がそれです。

スポンサーリンク



高梨沙羅 二重・鼻整形疑惑が持ち上がる?!かつての画像と今を比較!

高梨沙羅選手といえば、ここ最近グッと女っぷりが良くなったと評判なのですが、そもそも妙齢になって化粧の仕方をちゃんと覚えて綺麗になったという説がある一方で、明らかに以前とは、目と鼻が違うと力説する向きもあって、諸説紛々の噂が流れております。

さてさて、今回はそいつを整理いたします。

まずは疑惑前の画像はこちら↓

で、疑惑後の画像はこちら↓

まぁ、たしかに違うっちゃ違うかもしれませんが、女子というのはお年頃になれば、自然と周囲から化粧の仕方を学び、服装の何たるかを学び、女らしい所作の大切さを学び、いろんな学びにより、大人の女としての変化を感じさせるもの。

なので、この程度の変化は当たり前だし、きっと化粧の仕方を精緻に学んだくらいでなっちゃうと思います。

つか、この考え方、まずい?(笑)

で、こんな比較で何か判明します??



高梨沙羅 スポンサーはセブンからベンツに鞍替えで羽振りいい?

「メルセデス・ベンツ・マガジン」という販売会社が顧客を対象に配布する季刊誌をご存知でしょうか。

最新の2017年冬号を開くと、品のいい私服に身を包んだ高梨沙羅選手が、愛車の「メルセデスAMG G 63」の傍らで微笑む姿が紹介されています。

出典元はこちら

記事によれば、お値段は最低クラスでも1971万円! 軍用車から派生したSUV(スポーツ用多目的車)で、練習へ向かう際も自らハンドルを握っていると綴られています。よっぽどの愛車なのですね。

つか、この頃にはベンツは彼女のスポンサーになっていますので、車の提供進呈は、多分当たり前だったのではないでしょうか。

こんな証拠もありますし↓

ということは、高梨沙羅選手を応援する企業は、セブンイレブンだけでなく、メルセデス・ベンツ社も名を連ねているということなんですね。

そりゃあ、羽振りが良くなるはずですよね。

この記事に関して、世間の風当たりは、彼女にとってむしろ冷たい風が多かったと思います。

ですが、彼女からしたら、ここ最近の成績不振に対する気分転換という想いもあったのではないかと思ったりします。

それほど、ここ最近のジャンプの数字は思わしくないんです。

まるで、かつてとは別人の飛行を繰り返しております。

気分転換はもちろん、少し自分にご褒美をあげるという意味も含めての自分の愛車とのツーショットだったのかもしれません。

それにしてもいい車ですよねー。

スポンサーリンク



高梨沙羅 2018年平昌五輪を前に前哨戦が勝てない勝てない これは「イップス」?

ところで、ここ最近の彼女の不振を考えるとき、ある病気を連想してしまいます。

それは、イップスです。

イップス (yips) とは、精神的な原因などによりスポーツの動作に支障をきたし、突然自分の思い通りのプレー(動き)や意識が出来なくなる症状のことである。本来はゴルフの分野で用いられ始めた言葉だが、現在ではスポーツ全般で使われるようになっている。

こんな定義です。

例えばです。漢字の「へん」と「つくり」の組み合わせを、ある時、こんな組み合わせだっけって、自分を疑う瞬間てありませんでした?

でも、それって、ちょっと視線を別のものに転じれば、再度同じ漢字を眺めたときに、ああそうだったって納得したりしますよね。

その納得感がない状態が、簡単に言ってイップスの症状だと思うんです。

自分が慣れ親しんできた、理屈抜きで体に覚えさせてきた感覚が、スーッと抜け落ちてしまうような感じなんですね。

もし、飛んでる時にそんな感覚に囚われたら、どう思います?

ひょっとしたら、彼女の最近の不振の原因には、そんな理由が潜んでいるのではと思ってしまうのは大袈裟でしょうか?

スポンサーリンク



今回の記事の総括とまとめ

何はともあれ、平昌五輪まではあと2日です。

今頃、4年前に味わった悔しさを心の中でrecoverしているところだと思います。

人間、成功した記憶よりも、失敗した記憶の方が鮮明だし、嬉しい記憶よりも、悔しい記憶の方がさらに鮮明に頭に残り、踏み出す一歩の原動力になるものです。

高梨沙羅選手がこの4年間で溜め込んできたものは、まさにこのオリンピックで結果を出さんがためなんです。

だからといって、直前でイップスのごとき違和感を感じるのは追い詰めすぎなんですが。。。

高梨沙羅選手、まだまだ若い若い。

このオリンピックで負けたとしても、何がしかの尊い経験値を獲得できれば、何のことはない、それでいいんです。

全てのしがらみを振り切って、まっさらな状態で、滑走してもらいたいなと、心から思っています。(おしまい)

スポンサーリンク



*このブログに関してご質問などがある方は下記の問い合わせフォームをご利用ください。

よろしくお願いいたします。

徐槿栄 逮捕 顔画像とFacebookを調査!【残虐】死産と間違え赤ちゃん放置
東京・歌舞伎町で生後間もない赤ちゃんの遺体が見つかった事件で ...
続きを読む
貴公俊 付け人に暴力 【呆然】遅刻早退 貴乃花 この親方にしてこの弟子あり?!
日本相撲協会は、貴乃花部屋に所属する貴公俊(たかよしとし)が ...
続きを読む

インターネットビジネスの歩き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です