東京・文京区産婦人科医院 【驚愕】住宅の床下から胎児の遺体7体発見 白アリ業者呆然!

恐ろしい事件が起こりました。
というか、これを事件というべきかどうか。
東京・文京区住宅の床下から、およそ30年以上前に亡くなった産婦人科医の建物の残骸から、ホルマリン漬けになった胎児とみられる遺体が7体見つかりました。周囲の住民は騒然としています。


スポンサーリンク



東京・文京区産婦人科医院 【驚愕】住宅の床下から遺体 この事件の詳細は?

[出典元 :NNN]

警視庁によりますと、11日までに文京区白山の住宅の洗面所の床下からホルマリン漬けになった胎児とみられる瓶に入った遺体を、白アリの駆除に入った業者が発見しました。瓶は全部で16本見つかっていて、6本の瓶から7体の遺体が見つかり、そのうち1体はへその緒がついた状態だったということです。

この住宅には、過去に産婦人科医の女性と男性が住んでいたということです。女性医師は57年前に、男性医師は31年前に亡くなっていて、警視庁は医師の親族などから話を聞いて詳しいいきさつを調べる方針ですが、警察は事件性はないとみているようです。

警視庁によると、民家は3年ほど前から空き家になっており、転売されていた。民家を購入した30代の女性が11日、リフォームのためにシロアリ駆除業者を呼んだところ、床下からホルマリンのような液体に漬かった胎児の遺体が入った瓶が見つかり、110番通報した。

一部の胎児は体長30センチほどで、へその緒がついていた。瓶は少なくとも3.4本あるという。民家の元の持ち主の祖父と曾祖母が産婦人科医で、死産や堕胎した胎児を保管していた可能性がある。祖父と曾祖母は30年以上前に死亡していた。

スポンサーリンク



東京・文京区産婦人科医院 【驚愕】住宅の床下から遺体 市の【行旅死亡人】の認定とは?

この事件についても、かつての同様の事例のように、区は胎児の遺体を身元の分からない「行旅死亡人」として官報に掲載し情報を求めて行くと思われます。

行旅死亡人(こうりょしぼうにん)とは、日本において本人の氏名または本籍地・住所などが判明せず、かつ遺体の引き取り手が存在しない死者を指すもので、行き倒れている人の身分を表す法律上の呼称でもある。「行旅」とあるが、その定義から必ずしも旅行中の死者であるとは限らない。なお、「行路死亡人」は誤り。

スポンサーリンク



東京・文京区産婦人科医院 【驚愕】住宅の床下から遺体 この事件に対するネットの声は?

ネットの声①
「この間のは廃墟の産婦人科医院の中から、今度は床下。どっちが怖いかな?どっちも怖いか!」

ネットの声②
「昔産婦人科医院やってた、要注意!」

ネットの声③
「個人の産婦人科医は、やり手があまりないって聞きますよね。訴訟になりやすいし、あまりお金にもならないって。今後はこうした閉院した後の発見て、多く出てくるかもですね。」

ネットの声④
「無縁仏なんだよね。標本として世のため人のためになっていたと思うしかないですね。」

スポンサーリンク



この事件の総括とまとめ

 
産婦人科医というのは、形成外科の次に訴えられるお医者さんらしいです。

形成外科については美容整形の失敗などの話を聞きますから、訴訟が多いのはある程度は想像出来ますが、産婦人科医が多いのは一体なぜでしょうか?

一般に産婦人科医師が訴訟に巻き込まれるリスクとしては、産婦人科医師1000人当たりの訴訟件数は、4.8件だそうです。

形成外科医は7.1件。まぁ、段違いに形成外科医が多いのですが、産婦人科は、全診療科で2番目に訴訟が多いことが分かっています。

その理由はいくつかあります。

胎児・新生児も妊産婦も若いため、死亡や後遺症による逸失利益が大きいこと、つまりは、人生の端緒での万が一というのは、この後の人生が台無しになるという精神的に訴訟の気分を形成してしまうというとです。

また、妊娠・出産は病気でないため、病気よりも過少評価されやすく、安穏として大事に至りやすいということ。

さらには、周囲の祝福・期待が強いため、受ける心理的な落差が大きく、そのギャップによって、妊産婦や家族が納得しがたい不条理を感じやすくなるということらしいんです。

もっと言えば、産婦人科医になりたがらない若い医師が多いというのも要因のひとつ。

出産・分娩は、定時ではなく、いつなんどき発生するか分かりません。

そのため過酷な労働条件が課せられています。

若い女医さんも増えており、女医さん自身も妊娠・出産を予期するので、残った男性医師に対して極限まで負担を強いることになるのです。

そうした過酷な環境から判断ミスや医療ミスが出てくることはきっとあるでしょう。

いずれにしても、事件性はないとみられているらしいので、しっかり行政によって供養されたいものですね。(おしまい)

スポンサーリンク



*このブログに関してご質問などがある方は下記の問い合わせフォームをご利用ください。

よろしくお願いいたします。

徐槿栄 逮捕 顔画像とFacebookを調査!【残虐】死産と間違え赤ちゃん放置
東京・歌舞伎町で生後間もない赤ちゃんの遺体が見つかった事件で ...
続きを読む
貴公俊 付け人に暴力 【呆然】遅刻早退 貴乃花 この親方にしてこの弟子あり?!
日本相撲協会は、貴乃花部屋に所属する貴公俊(たかよしとし)が ...
続きを読む

インターネットビジネスの歩き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です